中華料理
昌龍飯店

神奈川県相模原市南区相模大野5-28-13
最寄り駅:相模大野(約700m)
地図を見る

営業時間 昼 11:00〜15:00
       夜 17:30〜22:00

定休日 水曜

駐車場 あり

公式サイト
ttp://syoryuhanten.jp/

店長サイト
http://syoryuhanten.jp/

2008年の一発目、初喰です。

いやね、正直言いますと
行く店が二転三転四転…
そのまま暗転閉幕か?
ってな状況でございました。

1月4日夜。
最終的に決めたお店に到着すると満席。
更に8組ぐらい待ってるし…。

こりゃアカン。
さてどうしたもんかと途方に暮れかけたところで
ふとコチラのお店のことを思い出した。

実は以前一度玉砕してんですわ。
満席で。

んなわけでリベンジでもあるわけです。

やってるかわかんないけどとりあえずお店に向かう。
お、電気ついてる。
しかし前回満席玉砕だし油断はできねぇ!

…あら?ガラガラだぁ。
二組三人。
あとお店の御子様がテレビ見てましたな。

お店の雰囲気は中華屋さんと言うよりも
街のラーメン屋さん的な感じ。
つか家庭的な感じ。

席は…4×4か3。(うろ覚え…)
あとカウンター席。

メニューは一通りある感じですね。
(詳しくは公式サイトをどうぞ)
 

さて、そもそもナゼこのお店に行こうと思ったかと言いますと
ダチョウの餃子を出しているからなんですね。
ダチョウの餃子…
気になるじゃないですか!
そのワリには1回玉砕してから特に動きが無かったのはナゼか?
それは、ネットで出てる写真があんまおいしそうじゃなかったんですね。
なんかね、餃子のパリッと感が無い感じだったんですよ。
なんつーか、べた〜っとした感じとでも言いましょうか。
餃子でべた〜はちょっと…
ってことで迷いがあったんですね。


昌龍さんの相模餃子(500円)
(ダチョウ肉と地元野菜を使った餃子)

あぁ…やっぱパリッと感が無い…。
しかし、すぐに原因がわかりました。
せっかくのダチョウのお肉ってことで
断面を撮ろうとお箸を突き立てた途端!

ピューッ!!

うおっ!スゲー肉汁噴射!!


残念ながら瞬間は撮れなかったので
肉汁具合の写真。

軽く押しただけでこんな状態です。
こんなに肉汁がタップリの餃子は初めてですよ。
これだからネットで出てた写真もべた〜って感じだったんですな。

つか小籠包みたいだわコレ。
中スゲーアツアツだし。


で、断面。

正直ダチョウ感(?)はわかりませんでした。
まぁダチョウ自体初めて喰うわけだしねぇ。
とりあえず臭みとかはありませんでした。

味はやや甘い味付けで
醤油とかつけなくても喰えます。
肉汁タップリでウマイ。
ニンニクは使っていないそうです。

比較するために普通の餃子も頼めばよかった…。


スープ餃子(650円)

焼きはダチョウにしたので
スープ餃子を発注。
野菜がたっぷりでボリュームも結構あります。


餃子のあんはダチョウの餃子と同じ様な味でした。
メニューには特にダチョウとか書いてなかったので
普通の餃子も味付けは同じなのかな?


マーボ豆腐(1000円)

パッと見ボリューム無さそうですが
コチラも結構量あります。
辛さはそれほどではないので
辛いのダメな方でも大丈夫でしょう。


ロースかけご飯(980円)大盛り(+100円)

…あら〜?
想像してたのと全然違うのがでてきちゃったよ…。
なんかさ、アレだよ
ルーロー飯でしたっけ?
なんかそんなんと勘違いしてました〜。


つかちょっとグロい気が…。


見た目でやや引いたものの
喰ってみたらこれがなかなかにウマイ。
カレー風味のロースでご飯がすすみます♪
野菜も一緒に喰うとさらにいいですな。

でも汁気が全くないのがちょっとね…。
まぁそれ差し引いてもおいしかったですけど。

ご飯はしっかり大盛りでしたが
最後まで飽きずにいただきました。


元気ヤキメシ(700円)
(黒酢が決め手!)

こちらも見た目でちょっと引く…。
そして運ばれてきた途端

『…黒酢ですな』
『…しっかりと黒酢ですねぇ』

と、思わず言ってしまった黒酢の香り。
こりゃ相当黒酢入ってそう。

喰ってみると…あ、この味好きかも。
見た目よりも黒酢が強くない。
(と言ってもしっかり効いている)
黒酢を多めに使っているせいか
パラパラ感はあんまなかったですが
なかなかおいしいです。

でも一人で喰うと飽きそう…。
つーか普通盛りなのに結構なボリューム。
ロースかけご飯の大盛りもしっかり大盛りだったし
もしかしたらこのお店は全体的にボリューム多めなかも?
 

どの料理もなかなかおいしかったです。
お値段も手頃だし
また行ってみたいですね。
 

2008年1月21日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策