上海ジミー
shanghai jimmy

神奈川県相模原市淵野辺3−5−2
最寄り駅:淵野辺(約200m)
地図を見る

営業時間 火〜日 11:30〜14:00 17:00〜22:00

定休日 日・祝

駐車場は無いっぽい
(未確認)

公式サイト
ttp://members.jcom.home.ne.jp/shanghaijimmy/

一ヶ月ほど前から何度か誘われてたんですけどねぇ。
なんともタイミングが合わずに行きそびれていたんですけどようやく行くことに。

誘われた時点で下調べ。
おぉ、公式サイトあるじゃん!

【コトコトと時間をかけて煮込んだ牛汁】

………うしじる?
一応括弧して(牛スジのスープ)って書いてある。
すじ煮か?
いや、でもわざわざ【牛汁】って書くってことはベツモノなのか?
大阪の肉吸いとかいうものに近いモノか?
なんなんじゃろ?

この時点で行く気満々でしたよ。
で、公式サイトによると牛汁の他に100%ビーフハンバーグもオススメらしい。
こちらも気になりますな〜。

そんなわけでドキドキワクワクしながらお店へ。
お〜あったあった。よし入るか〜!

あら?厨房突撃?裏口だったのか?

いやいや、いいんだよお客さんご飯食べてるし。
いや〜なんつーか、かなりワイルドっつーか乱雑っつーか…
綺麗好きの人にはタマラン雰囲気かもなぁ。

ま、ボクは心の中で親指立てながら
ビシッ!!
とかやったのは言うまでもない。
(注:別にキタナイとこが好きなわけではないです)

席はカウンターのみ8席。
2階もあるみたいだけど未確認。
メニューは昼と夜で微妙に違う。
(公式サイト参照)
今回は昼に行ったので値段はランチ時のものです。
(夜は若干高い)


牛汁・小(500円)

気になっていた牛汁(ぎゅうじる)。
ハンバーグも頼んでいたので小にしました。
が、スゲ〜後悔。
大にしときゃぁよかった!!

一口喰って
『あ、俺コレ好きだわ!』
と思った。

まぁものとしてはスジ煮込みっぽいものなんですけど
なんか汁が濃厚。
スジはもちろん柔らかく味が染みまくってる。
あ〜早くご飯持ってきて〜!!
ってなもんですよ。
もうタマランです。

ランチメニューにスジ丼ってのがあるんですけど
これまた気になりますなぁ。

…あぁ……あぁんもぅっ!!
 

そうこうしているうちにハンバーグが。


ジュワー!!

湯気でなんも見えなくなる。


100%ビーフハンバーグ・デミグラス(980円)
あらためて撮影。
写真には写ってませんが
ライス、みそ汁、お新香付きです。
(実際はライス中を頼んだのでプラス50円=1030円)
 

ハンバーグちっちぇ!!

あ〜でも熱い鉄板でデミグラスグツグツなっててこれまたタマラン!
って状態ですなぁ。

付け合わせの野菜がもやしのみってのはスゴイな…。
ベーコンは普通のベーコンみたい。


断面図。
残念ながら肉汁ジュワ〜って感じではなかった。
が、なんとも旨そうだ。

早速一口。

おぉっ、こいつは…

なんつーか獣っぽい香りがしますな。
なんだろうねぇ?
軽くクセがある。
でもこういうの好きだわ。旨い。
デミグラスソースも濃厚でご飯がすすむ。

あ〜なるほど
だからこの大きさでいいんだなハンバーグ。
(かなり好意的な解釈)

ハンバーグのトッピングメニューの中にもやし特盛り(100円)ってのがあって
なんだこりゃ?って思ったのだがなんとなくわかった。
デミグラスがスゲー合うんだわ。
デミグラスもやしだけでご飯喰えちゃう。

ちなみにハンバーグのソースは他にも
テリヤキ、ジンジャー、和風おろし、カレー(!?)なんかがある。
 

正直あのハンバーグの大きさでこのお値段は…
と、思ったりもするんだけど旨いからいいか〜。
(夜のメニュー見ると一番少ないので180gってなってるのでランチのも180gなんだろうか?
それだったらまぁ普通の量だよな。次行ったら聞いてみよう)

今回は3人で分けちゃった牛汁.。
次回は1人で喰うぞ!
あと他のメニューもいろいろ喰ってみてぇ!!

あ〜もう絶対また行くよ!!
 

2006年4月2日アップ




インディアンホットカレーライス・No.3おお辛・大(980円)
今回状況を把握しないまま連れてこられたミスターさん。
あ〜インディアンホットカレー頼まねぇかなぁ?
ってか喰わすか!?
とか企んでいたのだがあっさり自分で頼んでた。
やっぱこういう人なんですねぇ。
スバラシイ!

このカレーは辛さが5段階あって
No.1やや辛、No.2中辛、No.3おお辛、No.4激辛、No.5食べられません
となっているのだが、その下に
『辛いといって怒るのはやめてください、注文したのはあなたです。』
とか書かれちゃってる。

う〜ん、このテのモノは、えてしてオオゲサなんだよな〜。
この店のもどうだかわかんねぇぞ。
ここはやっぱりNo.5食べられませんを喰わすか!?

ミスター「すいません、辛さはどうんな感じですか?3で普通ぐらい?」
と質問するや、それまで愛想の良かったおばちゃんの顔が曇る。
おばちゃん「3でもかなり辛いですよ…」
おそらくミスターは3以上を頼もうか迷っていたんだと思う。
が、おばちゃんの表情からなにかを察したのか3を選んだ。
5を喰わそうと思っていたボクもなにかを察したので煽るのをやめた。

はたして出てきたカレーは拍子抜けするような
ボ×カレーチックなシロモノであった。
全然辛そうに見えない。
匂い嗅いでもむせるようなことはない。
ホントに辛いのかコレ?

ミスター一口。

………。

あれ?黙っちゃったぞ?

ミスター「こ、これは…………。」

見る見る間に顔がキラキラしだすミスター。
どうしたんだ?とにかく一口喰わせろ。
で、ボクも一口。

………こ、これは
………イタイ

久々ダイレクトにきますよ辛さが。
たった一口で舌&唇ビリビリですよ。
間違っても大盛り喰いたくないわ…。

時間かけながらもなんとか完喰したミスターさんエライ!
 

そうこうしていると厨房から騒音が。
なっかスゴイ勢いでかたづけ始めてる。
昼の部終了にはまだ少し時間あんだけどなぁ。
う〜コッチは余韻に浸ってるってのに感じ悪い…
などと思っていると店のオヤジがコッチに来た。
ムムムッ、電波飛んじゃったか?

しかし…

オヤジさんは完喰したミスターさんに向かい
満面の笑みを浮かべながら

『やっつけたねぇ〜!』

と、嬉しそうに言った。
なんだ、良い人じゃん。
勘違いしてごめんなさい。
(その後業者の人かなんかが来てた。
どうもそれに対応するためになんか準備してたみたい)

で、オヤジさんと少し話したんですけど
No.5食べられません

『一口食べると震えが来る。
二口目で視界が狭くなる。
三口目には手が出なくなる。』

などと恐ろしいことを
これまた嬉しそうに語っておりました。
(順番違ってるか?)

さらに

オヤジ『まぁ、面白がってねぇ』
Oz『ネ、ネタですか!?』
オヤジ『そうそう、そんな感じ。』

う〜ん、良いオヤジだ♪
 
 

そんなわけで、インディアンカレーはおいといて
それ以外のメニューは攻めていきたいですね。
ってことでまた行きましょ〜!
 
 

2006年4月2日アップ



◇再喰◇

前回気になった牛スジ丼。
流れで挑戦することに。

注文するときおばちゃんに

『学生さん?』

と聞かれ、なぜか照れてみる。


牛スジ丼・大(700円)
インディアンカレーの大盛りが
まぁそこそこの大盛り具合だったのと
値段が700円ってことで油断していたが
結構多くてビックリする。
これで700円とは…。
ちなみに小(500円)、中(600円)。

牛スジを甘辛く煮詰めたモノがのっかってる。
それ以外の具は無し。
潔いな。

味はやや濃い感じだが甘さが強い。
七味をやや多めにかけてちょうど良いぐらいでした。
(あくまでも個人的感覚)
おいしいけど正直後半飽きました。
ってか、これなら牛汁&ライスの方がいいな。
あ〜でも牛汁&ライスだと1000円前後になっちゃうんだよな…。
うむ〜…。
 

2006年6月14日アップ


◇再喰◇


泣きながら上海ジミーに到着…。


牛汁(小)600円+ライス(小)180円


相模原市民にとって
“牛汁”
つったらコレだろぉぉぉっ!!

えぐえぐっ…



勘違い
思い違い
思いこみ

全くもってそのとーり。
でも、でもそれにしたってありゃ〜よぉ…ひっくグシュグシュ…
おろろ〜ん!
(上海ジミーさんとは関係ない事で泣いております…)



ふぅ、喰ったら落ち着いた。


落ち着いたら
やっぱこのサイズで600円はどうかと?
とか冷静になっちゃったな。

いやでも今の自分を慰められるのは
上海ジミーの“牛汁”しかねぇ〜んだよぉびぇーーーん!!
うめぇよこんちくしょ〜♪


やっぱハンバーグも喰いたくなってきたな。
改めてまた行こう。


2013年8月2日アップ


戻る


喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策