餃子専門
浪花節 別館

神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境6-2の2階
最寄り駅:三ツ境(約180m)
地図を見る

営業時間 11:00〜22:30

定休日 無休

駐車場 ??
 

注意!
アップ直後に閉店してしまいましたが
2010年9月現在
1階の“浪花節”にて
餃子の販売が開始されたそうです。

(情報ありがとうございます〜)

▼追記▼
ラ−メン屋さんの浪花節も閉店されたようです…

Chaiからのつづき−

そもそもWヘッダーとかしないんですよね。
そんなんしてたらお腹もフトコロもタイヘンですからねぇ。

しかしまぁ滅多に来ない三ツ境ですから
Wヘッダーもいいカモ?と。

しかし第1ラウンドでChaiを選択した時点で
「無理やろWヘッダー…」
とは思っていた。

実際Chaiで喰った後
「あ〜さすがにラーメンは無理だわ…。
しかも浪花節はボリュームあるみたいだしなぁ」

そうなのよ
最初考えてたのは別館ではなく
“麺屋 浪花節”のほうだったのよね。
ただまぁこれはPCで下調べしてる段階で現実的ではないな、と。
要は行く前から無理だとは思っていたのね。
そのくせChaiではまだ迷いがあったので
ナンおかわりしなかったりな。
おかげでお腹には若干の余裕が…。

う〜んどうすっかぁ?
Wヘッダーは無理としてもなんか…

そうね、こういう時のお約束
パン屋さんとか探すか?

う〜ん、パン屋さんなら昼休憩とかないから
時間大丈夫だよな。
そんじゃ探索ついでに“麺屋 浪花節”の場所だけ確認してみるか〜。

そんなわけで移動。
迷うことなくあっさり到着。
 
 

……別館?
あぁ、そういやぁネットでそんな画像あったような?
てっきり別の場所にある支店かなんかだと………

餃子専門!?

ぎょ、餃子かぁ。
うむむむ…。
ラーメンは無理だが
餃子なら…

餃子だから…
 

いやしかし…!

ここで“カメイドの悪夢”が蘇る。

数年前、亀戸餃子というお店に連れてってもらったことがあるのだが
そこは餃子専門店で
確かに餃子はうまかった。
なかなか好きな餃子だった。
こりゃ〜いくらでもイケるぜぃ♪

だがしかーし!

ご飯がねぇぇぇっ!!!

餃子専門店ってことで
ご飯以外は飲み物ぐらいしかないのである。
潔すぎるメニュー構成…。

ありゃ〜地獄だったねぇ。
なまじ餃子がウマイだけに
ご飯が無い辛さが通常の三倍のスピードで襲いかかってきましたよぉ。

…いや、ついお約束で“通常の三倍”とか書いたけど
三倍どころの騒ぎではなかったな。
256倍ぐらいか?

まぁね、フツーのオッサンなら
餃子にビールとかお酒とかがあればいいのかもしれないが
フツーじゃないオッサンのワシャそ〜はイカンぞ!

メシや飯や!飯持ってこんかーい!!

飯の〜ためなら〜店員も泣かすぅ〜♪

いやいやいや、泣かしちゃダメダメ。
とにかく餃子にご飯が無いのは解せね〜!!

ウマサ余って肉がいっぱいでラッキー

…否

ウマサ余って憎さ百万倍じゃコラー!!
 
 

と、言う具合なものですから
亀戸餃子さんはいまだ未アップなのでございます…。
(画像加工はしてたのにねぇ…)

それ以来
“餃子専門店”というコトバには
トキメキを覚えつつも
戦闘態勢をとらざるおえない状況なのです。
 
 

で、浪花節 別館。

…あ、ご飯あるのね。
それどころかサイドオーダーもあるっぽいぞ。
んじゃ問題無し。
んなわけで入店。


入店するも人影は無し…。

『お客さんいらっしゃいました〜』
『は〜い』

というようなやりとりが遠くから聞こえた。

バタバタバタッ!!

階段ダッシュで店のおじさん登場。

『いらっしゃいませ。少々お待ちください』

と笑顔で言いつつ一旦厨房へ。
程なく注文を聞きに笑顔で再登場。
うむ、なんだか人の良さそうなおじ様である。

さすがにWヘッダーってことだったので
餃子1枚とご飯(中)を注文。

『餃子は1枚でよろしいですか?』

ちょっと心配そうにおじ様が聞いてきた。
うむ〜普通は2、3枚頼むものなのだろうか?
それとも自分の…見た目的に…?

まぁしかし今の腹具合だと1枚が妥当であろう。
 

メニューは焼き餃子、水餃子(各300円)
餃子はニンニク入り、無しが選べます。

ご飯(大・中・小 各190円)
炒飯(600円)、半炒飯(300円)
冷奴、トマトスライス、牛すじ煮込み、ベーコンエッグ(各300円)
そんでもって1日限定30杯の塩ラーメン(550円)

牛すじ煮込みがかなり気になったが
塩ラーメンもかなり気になったが
Wヘッダーなのでヤメとく。

ご飯が大・中・小値段変わらずってのは
ワンマッチ興行(?)なら大にするだろうから

『大でも値段変わらないのはありがたいねぇ』

とか書くトコなんでしょうけど
今回はWヘッダーですから
大を選択するのは愚の骨頂。
となると

『小でも中でも同じ値段かぁ…』

と、印象が全然違ってきますね。
でも190円ならまぁいいかなぁ、と。


焼き餃子 ニンニク入り(300円)+ご飯・中(190円)
ご飯にはスープが付きます


焼き餃子(ニンニク入り)。
以前は6個入りだったようで…
っつーか店外のメニューは
いまだ6個入りのままだったが。

現在は7個で300円。

やや小ぶり。
程よい焼き加減で
焼き目部分はしっかりパリッとしている。
クセが無くいくらでもイケそうな餃子だ。
なかなかウマイっすよ♪
ニンニクも良い感じに効いてるし。

ワンマッチなら焼き×2のご飯大でいきたいとこだな。
もしくは焼き×2の水×1、ご飯中とか。
あ、牛すじも付けてね。

ご飯中はいわゆる普通盛りってことなんだろうけど
やや多めの普通盛りって感じです。
でもってご飯自体がウマイ。

スープがさりげなくうまかったのも良かったな。


座ったとき妙にしっくりきたイス。
気になったので見てみたらこんなでした。
なんかミョーにちょうどいい高さで良いわ〜。

ちなみにテーブル席は外観写真の左上
ガラス張りの出っぱった部分です。

席はカウンター6、テーブルが4×2。


でもって正面を見るとナゾのオブジェが…。

どうもこの場所は店の入れ替わりが激しいらしいです。
 

なお、カウンターのレジ横に
“返却口”
って表示があるので
食器を戻そうとしたら
『結構ですよ〜』
と笑顔で言われた。

以前のお店の名残で
レジ横にお客さんが座らないようにするために残してるそうです。
 

今回、Wヘッダーの第2ラウンドとして行ってしまいましたが
ちょっともったいなかったかな〜?と。
もうちょっとシッカリ喰いたかったな〜と。

そんなわけで機会があったらまた行ってみたいですね。
 

2010年8月15日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策