印度料理専門店
ナイルレストラン
NAIR'S RESTAURANT

東京都中央区銀座4−10−7
最寄り駅:東銀座
地図を見る

“コサキン”というラジオ番組がありまして、
パーソナリティーの関根勤氏が紹介していたんですな。
「まじぇてたべてね〜!」って感じで。
最初はなんだそりゃ?と思ってたのですが、
関根氏があまりにもおいしそうに語っていたので行ってみることに。
で、初めて行ったのが何年前だったかなぁ?
まぁともかく久しぶりに行ってきました。

相変わらず席に着いた時点で
「ムルギーランチね?」
とナイルさんにニコやかに言われる。
初めてここに来た人はわけわかんないよなぁ…。
って俺も言われるままにムルギーランチしか喰ったことがない…。


ムルギーランチ(1400円)
これが「まじぇてたべてね〜!」のムルギーランチ。
なにが「まじぇてたべてね〜!」なのかと言いますと、まずムルギーランチが運ばれてくる。
おもむろにインド人の店員さんが骨付きチキン(もも丸ごと1本)をナイフ(スプーンの場合も)とフォークでさばきだす。
さばくと言ってもよ〜く煮込んであるチキンなのでチュルン!ってな具合であっと言う間に骨と肉が分離してしまう。
そして作業を終えた店員さんが
「まじぇてたべてね〜!」
その言葉のままに今度は自分でカレーと骨抜きチキンとマッシュポテト状のジャガイモとキャベツとターメリックライスを
エイヤ!これでもか〜ッ!!とかきまじぇる。
これで準備完了。
後は喰らうのみ!
と、まぁこういうわけです。

ルーはサラサラ。
香辛料を相当使ってるはずなのだが鼻につく感じはない。
辛さは結構辛いです。

トリ肉はよ〜く煮込んでいるだけあって柔らか。
味もしっかりしみてます。

ライスはターメリックライス。
インド料理店でよく出てくるサフランライスほどパラパラしていない。
そういやぁいつもいきなりかきまじぇてるので単体でどんな味するのかわからない…。

パッと見量が少なく見えますがしっかりお腹イッパイになります。
 

◇まとめ◇
相変わらずおいしゅうございました。
でも以前食べたときより辛くなったような?
おいしい辛さでしたけどね。
有名なだけに賛否両論あるようですが僕は好きです。
ナイルさんの笑顔もいいしね。

今度こそおまかせを頼むぞ〜!
 

2004年4月9日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策