じゃじゃ麺専門店
まるじゃ 横浜店

神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町11-3
最寄り駅:駅名(約1.1q)
地図を見る

営業時間 11:30〜15:00/17:30〜21:00

定休日 月&火曜

駐車場 あり

だいぶ前にも掲示板で情報いただいてましたけど
お店の存在自体は知ってましたです。
以前、テレビかなんかでじゃじゃ麺の紹介をしてて
なんだコレ?と
近場でないのか?と
調べてみたら三ツ境にあるぞ、と。

そんなわけで機会があったら行ってみますか〜とは思っていたものの
ほとんど行かないんすよね〜三ツ境方面
だもんでそのまま放置してましたです。
が、掲示板に栄楽とのWヘッダー案が。

Wヘッダー…ねぇ。
まぁ何度かしてますけども
基本的にはしない方が良いよな〜と思ってます。
単純になんだかもったいない気がするのと
あと印象が弱くなっちゃうかな〜とも。
ただでさえ記憶力無いので
最初に行ったお店のコト忘れそうだわ〜、と。

でもまぁせっかくのご提案だし
じゃじゃ麺自体喰ってみたいし…
ってことで行ってみることにする。

栄楽に行く途中
暖簾に大きな○が書いてあるお店があって
『あぁ、ココがまるじゃかぁ〜』
ってコトで栄楽終了後、来た道を戻る。
坂道をエンヤコラ〜っと。

…おそば屋さんでしたわ。

あわてて携帯で場所確認。
栄楽の先かぁ!
つか行く前にちゃんと地図確認しとけよ!!


…まぁいつものこってす。



店内。
こあがりに6×3。
この左側にテーブル席もありました。
ちゃんと見なかったので席数わからずですが
2ブロックに分かれてました。
4×…3か4ぐらいあったのかなぁ?


ところで…
もろ3200Kですなこりゃ。
しかも自分が座ったトコは外光の影響ほとんど受けてない。
あ、むしろこれなら勝手に合わせてくれるかホワイト。

店内撮影してモニターで確認。

…ありゃぁ、赤い。
ダメじゃん。
新カメラにして数ヶ月。
設定いじれないわけではないがサッとはできないぞ。
うむ〜…あ、まぁいいか後処理で。

で、後処理。

うまくいかんぞぃ…。

え〜そんなわけで今回の写真は
脳内でB5フィルターかけて見てくださいませ。

意味わかんない方はそのまま
『赤いな…』
と思いながら見てくださいまし。



と言うか見る側にB5ってのは厳密には間違ってる気がしないでもないな…。
つかあり得ないし。
…まぁいいか。


メニュー。
基本的にじゃじゃ麺のみのようですが
“まぜたま”ってのはなんだろう?
じゃじゃ麺に生卵入れてまぜてるのかな?


トッピング。

あ、なまたまごあるねぇ。
ってことは“まぜたま”ってのはまたベツモノなのかな?
う〜んわからん。

で、トッピング。
いろいろありますなぁ。

お、追加発注はダメなのね。
某餃子屋さんみたいだな。


店内に貼ってあった説明諸々。

右から2番目。
量多めですかぁ。
ご遠慮下さいとまで言われると
ちょっと見てみたい気もするが…
まぁ今回は選択の余地なしですからね。

 
卓にあった説明書き。

食べ方のノリはあぶらそばの雰囲気でしょうか。
よ〜くまぜまぜしつつ
最終味調整は御自分で的なトコとか。


各種調味料。
奥は七味、胡椒(?)、塩
手前左がラー油、右がお酢。

○に椒のヤツは試さなかったんですけど
山椒ってのもアリかな?


さて、いよいよ注文なのだが…
と言ってもメインは基本じゃじゃ麺だけっぽいからいいし
量はWヘッダー&「当店は、量多めです」って時点で並盛り確定。
問題はトッピングだな。
初喰だから素で喰うのもいいのだが
こんだけトッピングがあると入れてみたくなっちゃうよねぇ。

おばあちゃんが注文聞きに来た。
かなりお年を召しておられるようだが
朗らかな感じのおばあちゃんだ。
まずじゃじゃ麺の並盛りを注文。
すると

「きゅうりとネギが入ってますが、大丈夫ですか?」

と聞かれる。
若干ネギ抜きに心動かされたものの
もはや大丈夫だ薬味程度なら〜
ってことで大丈夫ですと返答。
続けてオススメのトッピングがあるか聞いてみる。

「若い人には…そうね、ひき肉とかいいんじゃないかしら?若いんだから〜♪」

などと“若い”を強調され気味に言われてしまった。
うむ〜〜…
当方それなりにトシいってんすけどねぇ…。

せっかくなのでいってみますかひき肉。
ひき肉を注文。
すると…

「きゅうりとネギが入りますけど…」

はうっ!きちゃったかリピート!?

「…いいのよね入れて」

あぁ、確認だったか〜。
変なトコでドキドキ&ホッとしちゃったわ。


じゃじゃ麺 並(650円)+トッピング ひき肉(100円)

横にあるのは下から
じゃじゃ麺にかかってるのと同じ
味噌、しょうが、にんにく。

画像ではわかりませんが
確かに結構な量ですよ。

Wヘッダーを少し後悔したり…。


麺の上にきゅうり、が敷き詰めてあって
その上にひき肉とネギが。


麺はこんな感じ。

この後シッカリかきまぜてから喰う。

うんうん、悪くないですな。
想像以上にやさしめの味付け。
もっと味噌味噌してるのかと思ったら
味噌自体がマイルド
でもってきゅうり&ネギで更にマイルドになってる感じ。
これはこれでうまいな。

店内の説明では“かため”と書かれてい麺。
個人的感覚ではかためって感じではなかったです。
むしろちょっと柔らかい感じ。
コシはほんのりあります。

そのままで何口か喰ったトコで
各種調味料いってみる。
まず味噌を少し足す。
ニンニクを多めに、しょうがもそこそこ入れる。
うん、ウマイ。
この流れだと次はラー油か。
おぉ、良いじゃない♪
更にお酢を少々。
(あぶらそばほどにはいれないでおいた)
コレかー!!

と、他のも試してみたかったが
全部喰っちゃダメなんだよな後があるから。
と言う事で断念。

喰った感じだと各種調味料は全部合いそう。
でもって○椒は山椒でも胡椒でも合いそうだ。
なんとなくそのままなら胡椒、味噌足しなら山椒?

トッピングもそれぞれ合いそうだが
生卵は更にマイルドになっちゃいそうだから
その分味調整が必要になりそう?
からみそ、キムチは間違いなく合うでしょう。
ベツ皿なら紅ショウガも欲しいねぇ。


で、マヨネーズはもう反則の域でしょうよ…。



ち〜たん(100円)

このお店では“ちーたんたん”ではなく
“ち〜たん”なんですねぇ。

じゃじゃ麺喰いに行くなら是非試してみたかったのがコレ。
食後のふわふわたまごスープ。
じゃじゃ麺を少し残して注文すると
ドンブリにスープを入れてくれます。

初めてなのでどんぐらい残せばいいのかわかんなかったけど
考えたら卓にお味噌あんのよねぇ。
全部喰っちゃっても良かったのかも?

とか考えつつち〜たんを一口。

…ホッとする味。
いいね〜コレ。

しばらくそのまま飲んでたが
やっぱりイロイロ試してみたくなる。
そんなわけでじゃじゃ麺と同じようにイロイロ入れていく。

ベースがあっさりホッって感じなので
なに入れても合うわ〜。
などとイロイロやってたら
最終的には結構パンチのある味になってたな。


食後、おばあちゃんが
「どうでしたか?」
とニコニコ聞いてきた。
「おいしかったです〜♪」
と素直に返答。
「ひき肉は?どうです?」
「…あ〜良かったですよ」

え〜正直に言うと
イロイロ入れてるウチに
存在自体忘れてましたわひき肉…。
若者=肉!って意味ではちゃ〜しゅ〜の方がインパクトあったのかも?
まぁでもひき肉100円、ちゃ〜しゅ〜250円。

…気を使われたのだろうか?



メニューが基本じゃじゃ麺のみってことで
試しに一度喰ったらまぁいいか…
と、なるかな〜?と思ってたんですが
自分好みの味をイロイロ試してみたいな〜と。
そんなわけで機会があったらまた行ってみたいと思います〜。


2013年2月6日アップ


戻る


喰撮トップへ






アクセス解析 SEO/SEO対策