ラーメン二郎
高田馬場店

東京都新宿区高田馬場3−12−1
最寄り駅:高田馬場
地図を見る
 

注:2010年1月に移転したそうです。
(新住所は東京都豊島区区高田3-17-8

御飯時だったせいかいつもそうなのかわからないけど結構並んでました。
上の写真は食べ終わってから撮ったんですけど
まだまだ行列は途切れない感じでした。

初めてだったのでルールわからず。
高田馬場店では食券を買ってから並ぶのが流儀だそうです。
(よく見たら入口のトコに書いてあった)
で、並んでると店員さんから
「大きさは?」
と確認が入るので食券を見せると
待ってる間に並んでる人数分の麺を茹ではじめる。
おかげで座ってからモノが出てくるまでにそんなに時間かからなかったです。

それと他の二郎では無かったコールの説明書きが貼られていたので助かりました。
初めての二郎は必要以上に緊張しますからねぇ。(ボクだけか?)


小ブタ・ニンニクアリ(600円)メンマ+コーン(100円)
見た目は相模大野より川崎に近い。
でも川崎ほど背脂入ってないかな。
野菜は標準だと思ったより少ない。
もちろん“コール”すれば凄いことになりますが。
割合はモヤシ9:キャベツ1って感じ。

まずスープ。
口当たりはいいのだがボクには濃いな。ってか辛い。
と言いつつ半分以上飲んだけど。
まぁそれも口当たりの良さのせいでしょう。
今まで食べた相模大野、川崎とはまた違う風味が感じられたが
例によって説明できません…。


麺は川崎よりちょい太いかな。
茹で加減は絶妙。(ボク的感覚でですが)

ブタは小ブタだと4切れと書かれていたけど4切れに見えませんね。かたち崩れてて。
かなり煮込んでる感じ。でも歯ごたえはしっかりしている。脂身はほとんどない。
おいしいんだけど味濃かったなぁ。

物珍しさからメンマ+コーンをトッピング。
結論としてはボクはいらないです。
メンマの味結構濃いし、二郎のスープにコーンはあわないような気がした。
やっぱうずらにしとくべきだったかな?
 

◇まとめ◇
立地条件のせいか、パート帰り(?)のおばちゃんとかが集団で普通に喰ってたのにまず驚きました。
しかも「あたしヤサイニンニク!」「アタシはニンニクだけ。あとビール!」
ってな感じで普通に注文してました。
もちろん「麺少な目」なんて言葉は無かったです。
(もしかしたら常連さんで標準的に少な目にしてあるのかもしれませんが)
かなり地域に密着した二郎だと思われます。
確かに他の二郎より食べやすかったような気がする。
ボクには全体的にちょっと味濃かったですが。
とは言え上にも書いたとおり口当たりはいいのでかなり惹かれました。
場所的に川崎より行きやすいのでまた行きそうです。
次回はヤサイ・ニンニク・トウガラシにうずらトッピングかな。
 

2004年3月21日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策