讃岐饂飩
元喜

東京都文京区千石1-19-8
エクセル千石101号
最寄り駅:千石(約130m)
地図を見る

営業時間 11:30〜14:00
       17:30〜21:00

定休日 月曜

駐車場 あり

−御注意−
今回、徐々にマイナスゲージ(?)が溜まっていきますが
書いてる本人が取るに足りないことを溜め込んでいくだけで
お店側に非はございません。
また、そんな流れだったのでその辺をやや脹らまし気味に書いてます。
その点を御了承くださいませ。
(ただしフィクションってわけでもないですが…)
 
 

アド街でやってたので行ってみた。

初めて行く街なので若干の余裕を持ち千石に到着。
あっさりお店に到着。
う〜ん、まだ開店20分以上あるよ…。
ひとまずコンビニで時間をつぶす。

改めて…
夜の部開始10分前ぐらいにお店前到着。
雨が降っていたが3人ほど並んでいた。

雨が降っていたが開店時間キッチリの17:30に開店。
(当然のことです)


大々的にカレーうどんと書いてありますが
店に入ったらこの日はカレーうどんやってないことが判明。

まぁ最初からカレーうどん喰う気なかったから問題無しですが。

店内はコの字型のカウンターとテーブル席。
合わせて21席だそうです。

清潔感があり、雰囲気も落ち着いていて良いです。

メニューはかけうどん(500円)から。
一番高いので980円だったかな。
(夜メニュー)

天ぷらはメニューに組み込まれてるので
単品では盛り合わせとちくわ天ぐらい。
 

さて、なにを頼もうかな?
……よし、決めた。
『すいませ〜』
『は〜い』
 
 

………あれ?
返事だけ?
コッチ来てくんないのかな?
遠いけど言っていいのかな?
店員さん4人ぐらいいて
うち2人はややヒマそうに見えるけど
コッチ来てくれないのかな?
えぇっと…どうすればぁ…
 
 

なんて考えてる間に来てくれるかと思ったけど…
来ませんな。
最近流行なのか放置プレイ?
そういやぁ前回放置プレイなお店も東京だったな。
これが東京の冷たさってヤツか…?
義理も人情も下町の温もりも遠い過去のも…
 

『は〜いどうぞ〜』

だいぶ気分が荒みかけてきたところで
ようやく伝票持った店員さんがいらっしゃってくれた。
あぁ、良かった。
注文してもいいんですねボク…。

『え↑っと…』

い、イカン。
声裏返っちゃったよゲホゲホッ…。

なんとか注文を終えると
先に注文をしたお客さん達がおでんを喰っていた。


おでんはセルフ。
1本100円です。

それほど種類はない模様。


とりあえずオーソドックスな選択。
味はなかなかおいしい。

とか思ってたらメニューに
『さぬき流の、甘味噌又は、からし味噌で味わってください』
と書かれていた。

…え〜っと、なんもつけなくてもおいしかったですよ。
 
 

次来るときはちゃんとお味噌つけたいと思います。


野菜天ぶっかけ(750円)+大盛(150円)

メニューにも書いてあったが
確かに茹で上がりに時間がかかった。
結局注文したものがでてくるまでに15分ぐらいかかりました。
まぁその辺は全く苦にはなりません。


薬味もてんぷらも全部のっかった状態。
ぶっかけだからいいんですけどね。

ただまぁ大盛りにしたせいか
かき混ぜようとした途端
ゴマは飛び散るわ
ネギは飛び散るわ
天ぷらは落ちるわでもう…

えぇ、ワタクシが不器用なだけですハイ…。


うどんは程良くコシがあり
モチモチ感もあってなかなかおいしい。
が、おつゆの味があんまこない。
あれ?味薄いのかな?
おつゆだけを飲んでみるとしっかり濃い。
どうも馴染みが悪いようですな。
残ったおつゆも全部かけて更によくかき混ぜてみる。
(いろいろ飛び散らかせながら…)

うん、なかなかおいしい。
おいしいね〜。

おいしいよぉ…。
 
 
 
 

まぁ正直言うとここに至るまでに
かなりマイナスゲージ溜まってたせいか
またはちょこちょこうどん喰い歩いて
なんとなくうどんというものに慣れてしまったせいか

『ま、こんなもんかな…』

とか思っちゃったりしたのも確か。
と言っても十二分においしいお店だとは思います。
 

さて、喰い終わったし帰るか。

『ごちそうさま〜』
『は〜い』

財布を取りだして待つ。
 

…あれ?
ここで払うのかな?
お金を取り出してみる。

店員さんこっちに来る気配無いな…。
 
 

…あぁ、そっちにレジあんのね。
気が付かなかったワタシが悪いんです。
『お会計こちらで〜す』
なんて声を待ったワタクシが悪いんです…。

『お会計、900円になります』

…あぁ〜おでんはサービスなのかな〜?
わざわざわかりやすく喰い終わったお皿の上に串を並べて
しかもわざわざ数えやすく少し間隔をあけて並べたのにな〜。
気が付いてもらえなかったんだな〜。

『あの、おでんの分が…』

『はィ?』

店員さんに怪訝そうな顔されちゃったぞオイ…。

いや、ボクの気分がそう見せただけであって
ホントは普通の表情してらっしゃったんだと思いますです…。


このお店の屋号の由来は
おいしいうどんを食べて元気になってもらいたい
みたいなことらしいんだが…

う〜ん・・・・・
 

2007年7月17日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策