中華麺房
Covo Caldo
コーボ カルド

神奈川県相模原市中央区東淵野辺4-2-5(地図を見る

最寄り駅:古淵(約1q)

営業時間 11:00〜15:00/18:00〜22:30

定休日 水曜

駐車場 あり(お店裏に20台分)

わわ、私だってねぇ
たまにはオシャレなお店行きますヨー!!
 

え〜まぁそんなわけでCovo Caldo(コーボ カルド)です。
 
 

…むむむ
前回アップ分(SOBA BAR Do-tun(相模大野))と似たような書き出し…。
 

まぁそれはともかく

今回行ったCovo Caldoさんですが
外観からはオシャレっぽさが
イマイチ感じられない気が?
 

………。
 

………!?
 
 

え〜っと…うん、そうねハイ。
その通りですよ。

ツッコミたいぃぃっ!!

でもしませんです。
今回はしないんですえぇ。
当サイト的にアレなキーワードですが
ネガティブなナニはしませんですよ。
 

だって店員のおねーさんが
とても感じよかった上に
ヤル気も感じられちゃったからさぁ〜。

なので今回はヘンなコト書きません。

はいそ〜ですよ。
日和ってますよ。
 

悪いかぁぁぁっ!!
 

…うん、まぁネタはこんぐらいでいいでしょ。
つかネタにするようなコト無かったしなぁ。

上の看板ぐらいで…。
 

ところで店名の“Covo Caldo”ってナニ?
学の無い自分にはサッパリわかりませんですが
今の世の中は便利にできておりますよ。
えぇ、ネットで調べました。

Covo→イタリア語で“隠れ家”、“あなぐら”
Caldo→イタリア語で“温かい”

“温かい隠れ家”

ってことなんでしょうか?

ただCaldoにはスペイン語で
スープとか煮込み、ブイヨンなんて意味もあるそうです。

“あなぐら煮込み”

…なんだよオイ、新手のゴーモンですか?
釜茹でより恐そうだぁ…
 

…イカンイカン。
もうネタはやんないんだった。
 
 

“穴熊仕込み”

ってちょっと見てみ……ゲフンゲフン。

…もうしません。
 
 

今回も精一杯やらせていただいておりますよ〜。
 


場所は16号に面したわかりやすいトコ。
駐車場もしっかりあります。

コチラのお店は2009年12月12日にオープンしたそうです。

そういやぁDo-tunも同じ日にオープンだったみたいなんですよね。
お日柄が良かったんでしょうか?
 

改めて店の前へ。
外観からはラーメン屋さんって感じがしないので
入るのに躊躇してしまう。

外から中を覗いて見るも
よくわかんない。

とりあえず値段は大丈夫そうだ。

…よし。

意を決して入店。


外から見てもわからないハズだぁ。
1階には席が無く…


階段上がって2階がお店のようです。

このパターンは久しぶりだな。
きっちん たまて箱(すずかけ台)以来か?


店内。

“オシャレ”と言うより
“モダン”ってほうがしっくり来る感じ?
よくわかんないっすけども。

とにかく中華っぽくはない。
なんだかスゲェ〜わ。
席に案内される間に

『おぉぉ、スゴイお店ですねぇ』

と、思わず案内してくれたお母さんに言ってしまった程ですよ。
 

この写真だと狭く見えますが
それなりの広さはありますね。

席数は6×1、4×7…だったかな?


メニューは注文後下げられちゃったので撮り損ねました。
なのでとりあえず外に貼ってあったランチメニュー。

490円とはお安いですね♪
(税込み515円)
 

しかし迷うなぁ。
どっちにしようか?
(ラーメン頼む気は無いらしい…)

うむ〜迷う迷う。
しかしココはやはりマーボーかな。
四川って書いてあるし♪

よし、決まった!
 
 
 


カルドランチ(515円)+ライス大盛り(無料)
(バンバンジーサラダ、スープ、香物、白飯)

このサイトで初喰の中華屋さんと言ったら
麻婆豆腐
って流れになっておりますが
まぁ迷ったときのお約束

迷ったら屋号のついたメニューいっとけ!

今回はソチラを優先してみました。
まぁ実際好きなんですよねチンジャオロース。


チンジャオロース。
優しい感じの味付けですね。
でもしっかりご飯はススム。

うんうん、良いわぁ〜♪

やっぱ好きだなチンジャオロース。


ソースが黒いバンバンジーサラダ。
これがウマイ!
黒ごまなんですかねぇ?
なんだかやけにうまかったっす。

ただお肉にかかってる分にはウマイのだが
野菜の水気で味がちょっとでも薄まると
かなり残念な感じになってたなぁ。
(野菜の水切りができていなかったわけではないですよ)

セットのスープがなにげにコーンスープだった。
これは嬉しいね。
やけに嬉しいですよね?

…あ、そうでもないですか?

自分は嬉しいんですよコーンスープだと。
中華料理屋さんのコーンスープ飲みたいんだけど
単品だと結構良い値段したりするじゃないっすか?
だから単品で頼むことないんすよ〜。
なので嬉しいのです。

今回値段が490円だったので
あえて通常の量でワンコインを楽しもう
ってことで大盛りにする気なかったんですけど
『ご飯大盛り無料ですけどいかがですか?』
と聞かれちゃったので迷わず増量。

しかしまぁ大盛りでちょうど良いぐらいでしたね。

オカズ二品に
程よい量のザーサイまでついてますからねぇ。
気をつけていたけど
途中でご飯終わっちゃいましたよ…。

それでもしっかりお腹イッパイになりましたけどね。
このお値段でこの量でこのお味ってのは
なかなか優秀だと思いますよ〜。
 

帰り際お店のお姉さんが
2月にはメニュー変更がありそう
とおっしゃってましたな。
今後もお客さんから要望とか聞いて
いろいろ変えていきたいらしいですよ。
 

うむ。
とりあえず内税にしてほしいですな。
いや〜490円が515円になるって
たいした差じゃないんだろうけども

『ワンコインでお釣りが来る!
今時スバラシイ!!
がんばってるんだなぁ。
うんうん、こういうお店は応援したくなっちゃうよ〜♪』

などと考えていたところで

『515円です』

と言われて

『…あぁ、そうなの。ふ〜ん。そうかそうか。
まぁそれでも安いよな。
うん、安い安い。
安いけども…』

と、若干微妙な気分になってしまいました。
まぁ自分がちゃんとメニュー見てないのがいけないんだけども。

あ〜あと客席と厨房の間の壁にある小窓?
あそこだけなんだか“食堂”って雰囲気な気がするので
変えた方がいいかな〜とか
あとまぁところどころ
野暮ったい感じもしたりするので…

いや、まぁいいか。
個人的にはあんまオシャレ過ぎるのよりも
今ぐらいのほうが和めるしなぁ。

あ〜でも本気でなんとかしてもらいたいトコが一箇所。
それは階段。

お会計後
『階段が急なのでお気をつけください』
と言われ
『は〜い』
と返事をした直後に
ズッコケそうになったよ。
あの階段はキケンですわ。
わかっててもコケそうになるもの。
幅が狭いのかな?
まぁその辺改修するとなると
オオゴトになりそうだから難しいかもしれないけど
なんかしとかないと本当に落ちる人が出そうな気がします。

と言うことで
これから行かれる方は
帰りの階段に要注意ですよ。
 

結局ちょこちょこ書いちゃいましたが
値段安いし雰囲気も悪くないので
また行くと思いますよ。
四川麻婆もあることですしねぇ。
あ〜あと“おしゃれ”とは程遠い感じの
“男ラーメン”なんてのもあったりするので
順次攻めていこうかなぁ、と。
 

2010年1月26日アップ



◇再喰◇

チャイナー!!
 
 

…あ、いや、え〜っとですね
久しぶりのコーボさんなんですけどもね
メニュー変更したのを見計らって行こうと思いながら
延び延びになっていたカルドさんなんですけどもね…

チャイナー!!

う〜んと、このお店のお姉さん達って
最初っからチャイナ服でしたっけ?
白いシャツ(細い縞?)に黒のスカート(前掛け?付き)
とかじゃなかったっけかあのオシャレ系のお店の店員さんのイメージのさぁ?

うむ〜自分が勘違いしてるだけだろうか…。

ともかく

仮に元からチャイナ服だったとしてもそんな記憶が全くない状態で階段上がって

『いらっしゃいませ〜♪』

と、チャイナ服のおね〜さんにニッコリと言われた日にゃ〜ア〜タ
ただでさえクソ暑くて汗ダラ〜だったのが
ドヴァーッ!!っとなってしまったとしても
それは致し方のないことと言えようともさ!
オトコじゃけんのぅ…。

それにしてもこのチャイナ服ってヤツは
なぜかこ〜トキメクよな。

ジークナオン!
ジークチャイナ服!!

いっそ若い女子はデフォルトチャイナ服法の制定を…
いやしかしチャイナ服以外にもステキな服はいろいろと…

とか
エロオヤヂ思考全開になっていくわけだが
このサイトはエッチなネタは書かない方針なので以下省略。

つかデフォルトでチャイナ服じゃ
ありがたみもトキメキも無くなっちゃうよな〜。
 
 


チャイナ服で引っ張ってきちゃったけど
単純に自分の勘違いだったらどうしよう?
 
 

…ま、いっか。

とりあえず開店当時の衣装がどうだったか覚えてる方がいらっしゃいましたら
情報よろしくお願いしますです。


メニューは例によって未撮。

実はお店の前に来た時点では
まだここで喰うか若干の迷いがあったのですが
おすすめ見たら確定。

…あれ?
唐揚げ喰いたくて彷徨っていたハズなのだが…。
 

入店。

結構お客さん入ってますね。
前来たときはチラホラって感じだったけども。

チャイナ服効果か?
(もういいって…)

まぁやはり値段の安さが良いんでしょうね〜。


手羽元の唐揚げ(250円)

正式名称忘れました…。

唐揚げ喰いたい衝動が続いていたのと
メインが安かったこともあって注文してみる。

なかなかうまかったですコレ。
唐揚げ自体の味はアッサリ目なんですけど
山椒入りの塩(だったかな?)をつけて喰うとウマイ。
おつまみに良さげですね。

ただまぁ手羽元なので
実際に喰える量は少ないわけで
その辺がちょっと寂しいかなぁ、と。


陳麻婆豆腐丼ランチ(550円)

注文する際
『結構辛いですよ?』
と、チャイナ服のお姉さんに笑顔で言われたが
『大丈夫です。辛いの大丈夫です!』
と必要以上に力強く返答。

チャイナ服のお姉さんがああ言うんだからと
やや構えて喰ってみる。

ふむ、言うほど辛くはないな。
でも辛いね。
良い辛さです。
そんでもってウマイ。
この値段でこの味、このボリューム。
良いです。
やはりありがたいお店だよな〜。
 

汗をかきかき喰い終わり
備え付けのお冷やを一杯半ほどいただいたところで
撤収しようと席を立つ。

『あら?帰られちゃいますか?』

笑顔のチャイナ服やや首かしげバージョン!

『よろしかったら…ジャスミン茶なんですけど』

チャイナ服笑顔マシマシ!!
 

だ、だだ、誰が帰るかーっ!!
帰るわけがなかろうも!!
好きです!
大好きです!!
ジャスミンちゃー!!!

席に戻る。

『薄いんですけどね〜♪』

おもしろいことを言う嬢じゃな。
まぁでも中華屋さんのジャスミン茶言うたら
薄いのが相場かと。
(注:あくまでも個人的イメージです)

ニッコリ笑顔でジャスミン茶を置いていったチャイナ服嬢の後ろ姿を見送りつつ

『また来よう!』

などと考えてしまうオトコって単純なイキモノよネッ!
そんなわけでまた行きたいと思います。

それにしても…
やはりこのお店の階段はコエーッ!!!
わかってんのにまたコケそうになったわよ…。
 

2010年8月6日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策