道の駅 633美の里
むささび亭 

高知県吾川郡いの町上八川甲1160−2
地図を見る

営業時間 9:00〜18:00

定休日 年末年始

駐車場 あり

公式サイト
ttp://www.633bi.com/
(道の駅公式サイト)

山道を激走してるあいだに着いた(らしい)。
ってかここって高知だったのね。
今知りました…。


時間は16:40過ぎ。
微妙な時間だがいつ宿に着けるのか皆目見当つかないので
喰えるときに喰う!

道の駅 633の里(むささびのさと)の端っこにある軽食コーナーに突入。
それがむささび亭。

この名前も今知りました。
 
 

以下携帯画像なので画質悪いです。


券売機の上にこんな絵が。
メニューを見ると“つがにうどん”。
あ〜もうコレだよな〜。


つがにうどん(700円)
てっきりカニがそのまんま入ってんのかと思ったが
(それほど思ってはいなかったが)
出てきたうどんはなんだか微妙な雰囲気を漂わせてきております。

やけにおつゆの色が薄いがこれがさぬき流なのかぁ?
などとボケ〜っとした頭で考えていたこの当時は
ここが高知県だということに気付いておりませんです。

おつゆをかき回すと大量のカニミソだかカニの卵だかがでてきた。
おぉ!良いかもしんない!!

早速おつゆを一口。

………うすあま?

見た目通りお味は薄いです。
しかもかなり。
で、ほんのり甘い。
でもって柚子の香り。

うむ〜なんだか懐かしい感じがしたが…気のせいだよなきっと。

そういやぁあんだけ大量にカニミソだかカニの卵だかが入っていたワリには
カニの風味はいずこ?
あの甘味がそうだったのだろうか?


うどんそのものはまぁあれだ。
サービスエリアとかのよりはマシかなぁ…。

生(?)のナスはちょっとビックリしたが
これが入っていないと限りなく素うどんなのでアリかと。
ナス自体の歯ごたえも良かったしな。
 

今回の四国ツアーで初のうどんだったわけだが
まぁこういうトコのだからしょうがないかなぁ…
などと己をを納得させてみたりした。

しかしこの夜の宿で出たうどんがもっと…だったので
つがにうどんの評価はやや上がったのでありました。
 

2006年4月14日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策