酒処
鬼和

神奈川県大和市西鶴間5-13-2
最寄り駅:鶴間(約1000m)
地図を見る

営業時間 ??

定休日 ??

駐車場 ??

気が変わる瞬間ってありますよねぇ。

ココへ行った前後っていうのは
なんだか無性にエスニック…
つかタイカレー気分が続いていたんですよ。

そんなわけですので
まだ行ったことのないエスニックなトコに行こうと移動開始。

…したんですが

しばらくすると
な〜んかエスニックって気分でもねぇ気がしてきた。
いや〜喰いたいことは喰いたいんだけども…
なんだろうね?
なんかこ〜

カレーライス?
定食?

そんな気分になってきてしまう。

…うむ。
気分には逆らえまい。
あっさり方針変更。

今から移動し直して
カレー&定食がありそうなトコ…

あぁ、あったなそういえば。

ってことでこのエリアへ。

この辺り
なにげに居酒屋さんとか定食屋さんとかが固まってるのよね。

他のお店も見て回ろうかと思ったのだが
だいぶハラへってきちゃってたので
以前斥候したときに目を付けていた鬼和へ。

パッと見ちょっと入りにくい雰囲気なのだが
たまたま扉が開いていて
先客もいなかったっぽいので
す〜っと入店。


メニューはこんな感じ。
日替わりなのか週替わりなのか不明。
とりあえず手書きなので替わることもあると思われます。

が、以前見たときもこんなメニューだった気もする。

種類は少なめだけど
最低限抑えてる感じでしょうか?

 
店内はこぢんまりしてますが
天井が高めなので狭苦しくはないです。

まぁ狭いですけども。

それにしてもでっかいカラオケマシーンだなぁ。
レーザーディスクのヤツかな?

席はテーブルが4×3
カウンターが6…なんですけど
見ての通り半分物置化してまして
実際に座れるのは3席分ぐらいでした。

あと奧に小あがりが…
あら?先客いたのねぇ。

…いや、違うんだなこれが。
 

お店のお母さんが注文を聞きにきた。

『え〜っと、じゃぁカツカレーの…大盛りってできます?』
『すいません、今日カレー無いんですよ〜』
『…えっ!?あ、そうなの。う〜んじゃぁ………豚しょが炒めで』
『ご飯は大盛りにします?』
『お願いします』

ってな感じで注文完了。
すると

『豚しょが炒めお願いしま〜す』

と、お母さんが言う。
あぁ?
他に店員さんいるのかな?
実はお父さんが作るとか?

しかし

『豚しょが炒めお願いしま〜す』

と言ったお母さんが厨房に入るや
そのまま作業を始めた。

……?
今のコールは誰に対するコールだったのだろうか?

その後も新たな登場人物は無く
お母さん単独で作業を続けていく。

う〜ん、なんだったのだあのコールは?

『それじゃぁお願いします。は〜い、キュー!!』
『……ハイッ!では行きますよ〜。
これからおいしい豚しょが炒めをがんばって作りたいと思います。
それじゃぁ、行くぞっ!……んん!!』

水曜どうでしょうにおける
大泉さんの“気合い”的なものだったのだろうか?
(なんか間違った例えだな…)

そんなことを考えているウチに
豚しょが炒めが完成した模様。
すると…

『ごはん大盛りでお願いしま〜す』

お母さんが言う。
またもや謎のコール…

『は〜い』

……あら〜?今度は返事が!
ど、どっから?

先程小あがりだと思っていたところに座っていたおばあさんだ。

ここで店内写真を見直していただきたい。
小あがりっぽいトコロに座っているおばあさんの足許。
黒いモノの上に布がかかってるっぽい。

はいそうですね、お茶碗です。

布巾をどけて黒いお茶碗をつかむおばあちゃん。
その後の作業は死角になっていたので見えなかったが
ご飯がよそわれたようだ。

『あれ?大盛り?』
『え?』
『大盛りでお願いね』
『はいは〜い』

お母さんとおばあちゃんのそんなやりとりがあって
ようやく豚しょうが炒め定食が完成。


豚しょうが炒め定食(750円)+ご飯大盛り(無料)

ピンぼけですいません!!
いや〜店内は扉が開いていたおかげで明るかったんだけどさぁ
自分が座ったテーブルはヤケに暗くてね。
おかげでこんな写真になってしましました…。


そんなわけでヨリの写真もボカしました…。
あぁ〜もうヒデェなぁまったく…。
 

それはともかく豚しょうが炒め定食。

“豚しょうが焼き”
“豚しょうが炒め”
この違いはなんだろう?

わかんない…。

まぁ炒めてるってことなんだろうけども。

で、喰ってみる。
 
 

いや〜んウマイわコレ♪

モロ家庭の味方面な感じでねぇ。
ご飯に合う良い味だわ〜♪
いや〜たまらんですな。

しかもパッと見量少なそうですけど
実は結構なお肉の量。
普通のペースで喰っていくと
確実にオカズが余っちゃうパターンだな。

ってことでかなり贅沢にオカズを喰ってましたわ。

ご飯大盛りは
優しめな大盛り…って感じかな。
 

満足満腹でお勘定。

『750円です〜』
『…あの、ご飯大盛りなんですけど?』
『大丈夫ですよ〜』
『あ、値段変わらないんですか?』
『は〜い。お替わりしても変わりませんよ〜。
もっとお替わりしたら別料金いただきますけどね〜』

あちゃぁ〜
そのパターンであったか〜。
ってことでご飯お替わり一杯は無料のようです。

う〜知ってたらあんなオカズ贅沢喰いしなかったのになぁ。
まぁいいか。
次は気をつけよう。
 

そんなわけでまた行きそうでございます〜。
 

2010年5月12日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策