燕慶園

東京都中央区日本橋浜町2-24-2
最寄り駅:水天宮前、浜町(約400m)
地図を見る

営業時間 11:30〜13:30
       17:00〜21:00
(日、祝は20:00まで)

定休日 土曜、第3日曜

駐車場 ??

『上海蟹のおいしいお店があるんですよ〜』

なんてハナシがでてましてね
あ〜一回喰ってみたいんだよな〜上海蟹!
とか言っておりまして。

で、ある日

『例の上海蟹のおいしい店行くんですけど来ます?』
『お、いいねぇ♪』
『でも上海蟹は時期過ぎちゃったので無いそうです』
『な、なによソレ!?』
『でも普通の料理もおいしいですよ〜』

そんな感じではるばる来たよ水天宮。

お店の前まで来て正直
『え!?ココなの?』
と思っちまいました。
かなりこじんまりした
ジミ〜な感じの外観。

入店すると元気なおばちゃんが迎えてくれた。
いや〜元気だわこのおばちゃん。
八起(相模大野)のおばちゃんに匹敵するぐらいに。
下町のおか〜ちゃんって感じですな。

席は6×1、4…か2が1
あと6〜8人ぐらい座れそうな円卓が1。
で、2階と3階もあるみたいですが未見。
フロア自体は広くないが
3階分なのでトータルの席数は結構ある模様。
内装はシンプル…つーか飾り気無しですね。

メニューは多いです。
備え付けのメニューだけで100種類ぐらいあったみたい。
それ以外にも壁に貼られた季節物のメニュー(?)もアリ。

今回は夜だったんですが
お昼はリーズナブルな定食がウリみたいです。
(600〜900円とか)

とりあえずみんなでテキトーに注文。
 

−注意−
以下の写真は1人前ではありません。
何人前か不明です…。
(2〜3人前?)
しかし値段は1人前です。

あと備え付けのメニューは写真撮ったんですが
壁のメニューは撮り忘れました。
そんなわけで何品か名前&値段のわからないメニューがあります。
すいませんです。
 
 


前菜(ピータン、腸詰め、クラゲ、豚肉の?)

7〜8種類あったのかな?
そんなかから4種類盛ってもらう。

『このお店のピータンはピータン嫌いの人も食べられるんですよ〜』

と聞いていたピータン。
確かに喰いやすい。
臭みがほとんどない。
それでいてピータンの味はしっかりしてる。
ウマイです。

つかどれも美味かったっす。


エビチリ(1400円)

ほどよくピリカラでおいしかったです。


小籠包(600円)

アツアツジューシー♪


店のおばちゃんが持ってきたタケノコ。
中国産らしい。
たしかに日本のとちょっと違うような?
えぐみとかは無さそうな感じに見える。

『これがあとで変身してくるからね〜』

と、おばちゃん。
で、しばらくして出てきたのがコレ。


???

料理名わかりません…。

とりあえず驚いたのが
コレが目の前に置かれたとき
あたりにはフライドポテトっぽい匂いがしたんですよ。
でもそれはこの料理の匂い
タケノコの匂いなんですね。

そもそもタケノコを素揚げして食べるなんて初めて知りました。


タケノコの横にはナゾの黒い物体が。
『なんだかわかる?』
おばちゃんが笑顔で言う。
首をかしげる一同。
匂いは特にない。パリパリしている。
パッと見海藻とかかな…

『ほうれん草なのよ〜♪』

驚く一同。
まさかほうれん草だとは…。
かなり細く刻んでありますよ。
スゲーなぁ。

で、このパリパリに揚げたほうれん草を
タケノコに絡めて喰うらしい。

早速いただく。

う〜ん!
なんだコレ!?
ウマイ!!

料理としては物凄くシンプルな物なんだと思う。
素揚げしたタケノコとほうれん草ってだけだもんな。
しかし…コレがウマイ。

タケノコにはほんのり塩がかかっていて
それがタケノコの甘味を引き出す。
えぐみは全くない。
そのまま喰っても香ばしいのだが
ほうれん草を絡めることでより香ばしくなる。
絶妙なバランス。
そして爽やか。

う〜ん、不思議な料理だわ。
 
 

んで、上のタケノコの料理以降
周りの方々が気を使ってくれて
スプーン&フォークをどけて
『ハイ!撮って撮って!』
とかしてくれました。

いや…もうホント御迷惑おかけしました…。


平貝クリーム煮(1700円)


平貝喰うのは多分初めて。
アワビとかよりも柔らかく
カキとは違う濃厚さ。

すんません、うまく言えない。

とにかく程良い食感と濃厚な味。
それがクリームと絡まり
なんともおいしい♪


麻婆豆腐(1100円)

程良くピリカラでうまかったです。
味はやや濃いがご飯がすすむ感じで。


十種類の野菜の炒め煮?

いろんな野菜が入った炒め煮。
味は薄めだがしっかりしてる。
これもウマイ。


かに入り豆腐煮(1300円)

ご飯欲しくなる料理。
うまかったなぁ。
かに少なく見えるけど
それなりに入ってます。


青菜の?

チンゲンサイとキノコだったかな?
優しいお味。
こちらもおいしかったです。


鶏肉とカシューナッツ炒め(1300円)

実はカシューナッツ好きなんですわ。
なのでたまりませんこういうの。
香ばしくておいしい〜♪


ニンニクの茎と牛肉いため(1400円)

ウレシイご飯のおかず!
って感じです。
文句無し。
 

この辺で主催者様から
ボチボチデザートでシメですか?
っぽい言葉が出たところをあっさり拒否。

『まだ食べるんですか!?』
『あ〜喰うさ!喰わないといけないものが一品残ってるじゃ〜ないかぁっ!!』

と、勇ましく言い放つ困った人が約2名。
まぁ自分ともう1名ですけど。

半ば呆られつつ注文した物は…

加厘鶏会飯

チキンカレーだ〜!!

中華でカレーと言えば
すでに閉店してしまいましたが
万店屋大野店(相模大野)で見た
中華鍋で炒め物作ってんのかな〜?
…あぁ、ボクが注文したカレーかよ!!
なんてことがありまして
そんときもその話をしていたら店のおばちゃんが

『中(厨房)見てみる?』

お言葉に甘えて厨房を覗いてみると…


カレーっぽい色のブッタイが中華鍋を舞ってましたぁ!

う〜ん、中華のカレーってのは
基本この作り方なんでしょうか?


チキンカレー(800円)

でてきたのはおそば屋さんのカレーの
ライン上にありそうなカレーとでも言いましょうか?
なんとなく懐かしさも湧いてくるようなカレー。

喰ってみると味も懐かしい感じ…

ん?

おぉ!

しっかり辛いぞ。

おそば屋さんのカレーじゃまず無さそうな辛さ。
唐辛子だろうか?
結構ピリリとしています。
タマネギはシャキシャキ感が残ってます。

ヤバイ。

ウマイぞコレ。
かなり好きな味だわ。
見た目そば屋のカレーなんだけど
なんか少し違うなぁ…。
いや、かなり違うか?
でも味のラインは近いんだよな。
でもなんか違う…。

とにかく旨かったね。
なんだかんだで皆さんウマソウに喰ってたし。

サービスで出してくれたヤキソバ。
しかし…
チキンカレーがインパクト強かったので
イマイチ印象に残ってません。
ごめんよおばちゃん…。


『ほら!良い感じですよ。撮って撮って!』

とか言われながらパシャリ。


杏仁豆腐・アーモンドゼリー(400円)

これもおいしかったねぇ〜。
つかチキンカレー辛かった分
余計においしくいただけた気がする。
 

いやいや、いろいろ喰ったねぇ♪
やっぱ中華は種類喰いたいよな。
そんなわけで大満足。
個人的にはタケノコのやつと平貝クリーム煮
そしてチキンカレー!
この三品が高得点獲得ですね。
でも他のメニューもおいしかったですよホント。

ただ、お腹はイッパイになったんだけど…
炭水化物が足りない…。
つーことで次回はご飯モノ、麺類なども攻めたいなぁ、と。
味濃い系のメニューではしっかりご飯喰いつつな。

で、散々喰ってまた言うんだよ。

『シメはチキンカレーだ!!』
 

2008年2月10日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策