サラ・パタヤー

神奈川県相模原市上鶴間本町3−10−8
最寄り駅:町田
地図を見る

営業時間 (次回確認)  

定休日 不定休
 
 
 

注:閉店してしまいました…

この店に辿り着くまでのオハナシ
(読まなくても問題なし)
 

んなわけで諸々あったが、いざ調べ直してみると

『なぁ〜んだ、ヨドバシの近くじゃん!知ってるよココ!
昔から気になってたんだよ!!
気にはなっていたんだけどさぁ……』

そうなんだよね〜。
気にはなってたんだけど
場所が場所だけに行く気にはなれなかったトコでした〜。

しかし、やっぱ行かねばなるまい。
ってか行ってみたいしなぁ。
覚悟を決めて行くぞ!!

誰かが一緒に行かれるときに……

と、かなり消極的になっていたのだが
あっさりと予定が調整できてしまった。
よし、行くぞ!
 


トニー=シャープなほう
ジャー=キレンジャー
(今勝手に決めた)

トニーはこじつけできんかった〜。
そんなわけでトニーとジャーで攻めることに。
まぁ二人いればなんとかなるだろう。
昼間だしな。
いざとなれば…

ジャー『ココはおいにまかしんしゃい!』
悪漢を押さえつけるジャー
トニー『ス、スマン…』
トニー、炎の飛び膝蹴りでガラス突き破って……
 
 

店入る前から妄想膨らみっぱなしです。


あぁ、ホントにあったよこの提灯。
この界隈で提灯ってのは……どうなのよ?(ヤバイ?)

前回の失敗ミッションと違い
場所はすでに知ってるトコだったので
今回はあっさり到着したわけですが、
あの入り口です。
しかも入り口のガラスには

や、やっぱりキケンですか?
窓開けたらエキゾチクなおねぇさんがコッチ見てニッコリですかぁっ!?

当然躊躇するトニーとジャー。
お互いの目を見ながら暗黙の役割分担完了。
入り口の前に立つジャー。
それを見計らってトニーが窓を開ける。
 

時は止まった
 

寝起きで腫れぼったい顔をしたオカンが無表情で
こちらを見ている。
ノーメークだ。
しかもすごい至近距離で。

固まるトニーとジャー。
オカンも固まってる。

『…えーっと、あの……ごはん………』
トンマなセリフを吐くジャー。
たまらずトニーが助け船
『お昼やってますか?』

固まっていたオカン、ハッとしつつ

『ダイジョブ、デキルヨ〜』

おぉ、とりあえず第一関門突破!
……かに思えたのだが、ここで新たな問題発覚。

窓を開けた店内は絨毯だった。
オカンはハダシ。
こ、これは靴を脱ぐのか?

『す、すいません、靴脱ぐんですか?』
ジャーの質問に対してオカンは
『……ナントカカントカ(よく聞こえない)』

再度聞くもやっぱりよく聞こえない。

再々度、今度はトニーが聞く。
なんかどっちでもいいみたいなこと言ってる?
でも入ったスグのとこには脱いだサンダルとかが転がってる。


しばしの別れじゃ靴ども。


お店に入ってすぐ右手の壁に
噂のタイ王国商務省認定レストランの証が。


個人的には鹿の剥製の偽物のほうが気になったな。

店内にはテーブル×2。
定員は8名+α。
なぜかソファーがあったり。

手前のテーブルは私物置き場(?)と化していたので奥のテーブルへ。
席に着くとオカンがメニューとジャスミンティーを持ってきた。

『カンタンナモノシカデキナイケド…』

こ、この展開はどっかのサイトでもでてたな…。
うんうん、わかってますよ〜。
『どれならできますか?』
『カレー…レッド。魚スリツブシタノ入ッテル。アト、ヤサイイタメトカ…』
他にも何品か言ってたけど最初にオカンが言った
レッドカレー&野菜いためにする。

ちなみにいつも『カンタンナモノシカ…』ってわけではないそうです。
この日は朝の4時までお店開けてて寝起き状態だったからみたい。
それと、夜は普通にメニューにあるものできるそうです。
(それは当たり前か)

と、そんなやりとりをしてる間
ず〜っと頭に違和感が…。
オカンが厨房に行ったところで写真。


このクリスマスの飾りみたいなのが
頭を動かすたんびに当たるのよ。
サワサワッと。

じゃぁ奥に行けよ!ってことになるんだろうが…


なんかこの匠の仕事っぷりを見て吹き出しそうになったのでやめた。
つーかね、この机、気のせいかアイロン台みたいな形してんのよね〜。
しかもエライがたつくし。

でもそんなこたぁ〜取るに足らんことだ。
全然気にしない。


先ほど立ったときについでに撮る。
どうやらホントにマッサージやるみたいだな…。

その下の梅干しだのらっきょだのも気になるトコですかね。

改めて座り直し辺りを見回す。
自分が座ったのは店の一番奥の席。


右側を見る。

なんつーか……誰の家だよ!?って感じ。
ソファーの上にはお子さんのプール用のバックとか転がってた。


右斜め上方に視線を移すと
剥き出しの配管かと思ったら物干し竿?
なんか補強してありますけど?
壁掛け時計はモー娘。だ。


そのまま視線を落とす。
これで店内の半分くらいか。

なんかも〜生活感でまくりです。
すっかりお宅訪問気分であるが、メシ喰いにきたのだ。


んなわけでメニュー。
(クリックすると拡大)

基本的に食べ物は千円。
グリーンカレーもトムヤムクンも
枝豆もたまご焼きもポッキーも…。

安いんだか高いんだかわからんて…。
 
 


タイ野菜いため(1000円)
メニューでは2種類のタイ野菜いためがあります。
今回頼んだのはガッチェーファイデーってほうらしい。
(メニュー1段目の左から3番目)

でてきたのは空芯菜の炒め物。
具は空芯菜のみ。
(肉入り野菜いためは別にある)

正直『これで千円?』って量でしたが
味は結構うまい。ゴハンがススム感じ。
ちょっと味濃かったけどね。


レッドカレー(1000円)
ライス付きで千円。
量は標準的でしょうか。
お米は日本米のようです。ちょっと残念。

ちなみに炊き立てっぽかった。


タイカレーの独特の甘い香りが漂う。
うぅ〜んいいねぇ。

で、一口………
 

辛ッ!!!

今まで喰ったタイカレーの中で一番辛い。
でもウメェ〜!!

写真だと具が少なそうですけど
実はかなり具が多いです。
小さいナス(ゴルフボールぐらいのを半分に切ってある)がたくさん入ってます。
あとは丸いキノコ?(マッシュルームじゃないやつ?)
魚のすり身はそう聞いた時点で勝手に
“つみれみたいなやつ”
と思いこんでいたのですが
ホントにすり身が入ってました。
団子にはなってません。
でもこれが甘みがあってなかなかうまかったです。
 

喰べてる途中、オカンが
『辛サダイジョウブ?』
と聞きに来た。
その頃にはもう汗ダラダラでしたが、笑顔で
『辛いけどおいしいです!』
と答える。


オカン、そのまま写真のソファーに座り込む。
で、歓談盛り上がる。

ものスゴク辛かったレッドカレーなのだが
辛さが後に残る感じではなかったです。
食後に出てきた梨(サービス?)喰う頃にはかなり抜けてた。
 
 

正直言うと、味はあんま期待してなかったのよ。
でもキッチリおいしかったです。
でもってこの店構え。
ネタ的にもおいしかった〜。

アサノのおやじ、アッチャのジョイさん、雷門のおばちゃん、
そしてココのオカン。
濃いキャラいますなぁ町田は♪

場所に怖じ気づき、店内に圧倒されつつも
オカンの人柄込みで良い店だなぁと思いました。

また行こ〜!!
 

追記
脱いだ靴、帰りにはちゃんと揃えられてました
 

2005年10月7日アップ
 

戻る
 

喰撮トップへ




アクセス解析 SEO/SEO対策