カレーの店 アッチャ

東京都町田市中町2-11-10
最寄り駅:町田
地図を見る

営業時間 12:00〜売切終/18:00〜売切終

定休日 木曜
喰ったメニュー
マザレ de ゴザレ
レバーカレー
マトンカレー
うなぎカレー・D
チキンカレー
A-set@
コフタカレー
チキンカレー(09年)
カレイのカレー
SPチキンカレー
骨付きマトンカレー
キーマカレー
魚カレー(イナダ)
イワシカレー

 



▽最初にフォロー▽

以下の文章(初再喰)は出だし結構きつめです。
が、まぁその後何年も行ってるってことで…ね。
お察しくださいませ。


つかもう10年以上行ってんのかアッチャ…。


◇初再喰◇

このお店、その昔一度だけ行ったことがあります。

その時に思ったこと、それは……
『二度とこねぇ!!』
なぜか?
ここのカレーは辛いのだが味気ないのだ。
塩気とかダシとかが全く感じられない。
ただもうスパイスでからいだけ。
そんな印象だった。
(一緒に行った友人は気に入って通っていたようだが)

しかし、最近になってふと
『もう1度攻めねばなるまい…』
と思うようになっていた。
理由は特にない。強いて言うなら、
ここんとこ辛いのちょこちょこ喰うようになったのでイケるかもな〜?
そんなところだ。

んなわけで久しぶりに行くことに。


入口にはその日のランチのメニューが。
『あなたの健康は我々の財産』
ってあたりにマスターの人柄が出てますな。

店にはいると人の良さそうなインド人のマスターが
相変わらずにこやかに迎えてくれた。
そう、久しぶりに行ったのだ。
数年ぶりだ。しかも一度だけしか行ってないのだ。
でもなんか覚えてるっぽいのよね、そのマスター。
別にボクが覚えやすい人間とかではない。
ここのマスターは記憶力が良く
一度来たお客さんの顔は覚えてるらしいのだ。
(友人と一緒だったせいもあるのかもしれんが)
そんなわけでシェイクハンド!シェイクハンド!!
でもって名前も聞かれてしまったので次回から名指し決定だ〜。


ランチに付くサラダ。
やや辛いドレッシングが食欲を刺激。
タマネギは…我慢だ。


マザレ de ゴザレ(1000円)
豆カレーとマトンカレーのハーフ&ハーフ。
それにオムレツ半分トッピング。(ツレにもらった。値段忘れた。)

辛さは5段階ぐらいだったかな。
(マスターの説明はあえて書きません。御自分でどうぞ。)

で、久しぶりに喰った感想。
やはり味気と言うか塩気はない。
(この辺はマスターのこだわりらしい)
が、ただスパイスで辛いだけ!
ってわけではないんだなぁ。
なんかね、ボクには説明できませんけど
ものすご〜くいろいろ研究してなんかやってんですよ。多分。
あぁ、なんも説明できなくて申し訳ありません。
スパイスのことわかる人連れて行きたい…。
とにかくまた行こう。ってか
『○○さ〜ん!(ボクの実名)次なに食べたいですか?』
『え?あ〜そうですねぇ。レバーカレーなんて珍しいし食べてみたいかなぁ。』
『次いついらっしゃいますか?』
『え!?』



えぇ〜……?

再喰◇


俺用……

 
レバーカレー(900円)

そんなわけでレバーカレーです。
写真ではあんまし見えてませんが、結構入ってますよレバー。
え〜っと、はまる人ははまるんだろうなぁコレ。
ダメな人はにおいでもうダメだろうけど。
ボクはなんとか喰えました。
けどチキンとかマトンとかの方が好きだな。

写真無いですけどプラス100円でホットチャイがつけられます。
辛いカレー喰った後にはもってこいです。オススメ。
 

アッチャのマスター、ロイチョウドゥーリ ジョイさんを紹介したページ(無断リンク…)
http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/209.html
本出したり雑誌やテレビのアドバイザー(?)やったり多忙な方です。
 

去年の夏に通って以来しばらく行ってないので
ボチボチ行きたいとこですねぇ。

2005年1月6日アップ



再喰◇


え〜結局1年ぶりぐらいですか。
久しぶりに行くことに。

ドアを開けると…
あぁ、もうこっち見てニッコリ微笑んでますよジョイさん。
で、おもむろにシェイクハンドシェイクハンド〜!
むむむ、やっぱ覚えてましたかぁ。
名前もほぼ覚えていらっしゃいましたよ。(微妙に違ったが)
やっぱり侮れない方ですわ。

今回もマザレ de ゴザレ(発音はマジャレデゴジャレ)でいこうと一度注文するも
気が変わったのでマトンカレーにしてもらう。
以前マザレ de ゴザレでマトン喰ったが単品では初めて。
辛さはちょい辛にしてもらう。

ちなみにこのお店のマトンはヤギなんだそうな。


マトンカレー(1000円)

一口喰って………!
前より塩気があるぞ!
(それでもまだ足りない気はするが)
そしてマザレ de ゴザレのときより具が多い。
大根ゴロゴロ。それにナス、ジャガイモ、ハクサイなどが少しずつ入っている。
マトンは臭みが無くほどよく柔らかい。
大根が妙にこのあっさり味のルー(スープ)に合っている。
辛さもちょうど良い………!?
半分喰ったあたりから舌ビリビリ。
あぁ、でも喰いたい。
でもビリビリ。
あぅぅぅっ……これホントにちょい辛ですか〜?
しかもなんかご飯多いような?
うぐぐぐぐぅ〜……。
それでもなんとか完喰。
後半はかなりツライ闘いになりました。
(今まで喰ったカレーで一番辛かったかも…?)

しかし喰い終わるとやっぱり爽やか〜。
(汗ダラダラだけど…)

そして汗ダラダラのままいただくホットチャイ。
これがまたいいんだな〜。
(あ、また写真撮り忘れちゃったよ…)
 

ウマイ!と言うより気持ちいいカレーとでも言いましょうか?
なんとも不思議なカレーでございます。
で、次はいよいよあのカレーに挑戦だ!
ってことで近日再喰決定〜。

2005年7月24日更新



再喰◇

前々から企画していたうなぎカレーツアー。
しかし事前予約が必要ということと、
はたしてカレーにうなぎってのは合うのだろうか?
もしかして相当やばいシロモノなのではないか?
等の理由により二の足を踏んでいた。

が、前回行ったとき
うなぎカレーの日を告知するポスターが店内に貼られているのを見た途端
知り合いに一斉メール。

トントン拍子にハナシはススミ
急遽決行することになりました。


うなぎカレー・D(1800円)
辛さはちょい辛にしてもらう。
これにいつものサラダとホットチャイが付く。
 

値段はうなぎ1本だと1200円。2本だと1800円。
せっかくなのでウナギマシでいくことに。

ちなみにこのうなぎは浜松から取り寄せたものだそうです。
(そのために予約が必要なんだそうな)


写真ではわかりにくいですが
うなぎは骨付きです。
と言うかさばいてません。
他の方のうなぎにはキッチリ内臓も入っていたそうです。
(ボクのはほとんど入ってなかった)

正直見た目で冷や汗…。
同席した面々も複雑な表情を浮かべている。
店内には微妙な空気が流れ……。

恐る恐る喰らう。
ルーはいつものと同じ感じ。
で、いよいようなぎ。
単なるブツ切りに見えるなぁ…。
特に下ごしらえしたような感じはないよなぁ…。
おもいきってガブッ………

うぅ〜ん、ホネ!

うなぎの骨って結構固いんですねぇ…。
味そのものはかなり淡泊。
臭みはほとんどありませんでしたよ。

まぁ1年に1回喰えばいいかなぁ…と。

辛さは前回のマトンカレーと同様のちょい辛のはずだったのだが、
今回はあまり辛くなかったです。
んなわけで辛さを追加してもらった。
うん、やっぱある程度辛い方がウマイな〜。
 

残る要予約メニューはエビカレーか…
 

2005年8月7日更新



再喰◇

うなぎカレー以来かな?
とにかく久しぶりに行ってきました。

店外から店の中を覗くと…
あぁ、すぐ見つかっちゃいました。
ジョイさんもうコッチ見てニッコ笑ってます。

『○○さん(実名)オ久シブリデス〜♪サササドウゾ〜』

うん、相変わらず気持ちよく迎えてくれますジョイさん。

メニューは微妙に変わっている模様。
(写真撮るの忘れた…)


チキンカレー(900円)+オムレツ・半分

今回はオーソドックスにチキンカレー。
そういやぁ初めてこの店で喰ったのもチキンだったなぁ…
って、あれ?コレ違う!
前喰ったのは鶏の足1本入ってるやつだったよ!

ジョイさん曰く今はこのスタイルでやってるらしい。
(骨ありは仕事の合間に喰いに来てる方々には面倒なんだそうな)

ちょっとガッカリしつつ一口。

あれ?塩気がアップしとる。
それでもまだ薄味ではあるがこれはかなり喰いやすいぞ。
それでいてスパイスは相変わらず良い感じに効いている。
なんだかどんどん好みの味になってるわぁ。
このお店は普通でご飯の量が多いので今回も普通にしたのだが
喰い易さアップでご飯が良い感じに減っていく。
悩みつつ大盛り分追加してもらう。

あ〜やっぱ多かったぁ〜。
でもなんとかクリア。

食後はチャイをいただきつつジョイさんと歓談。
帰るときはシェイクハンドしつつあめだまをもらう。
 

メニュー多少変わってたのでまた行こ〜。

…え?カラオケ!?

2006年5月31日更新



再喰◇

確かに『行きたきゃ連絡くださいよ〜』とは言ったがこんなに早くくださるとは…。
油断しておりましたぁ。

んなわけでアッチャへ。

本日のカレーはチキンカレー、A-set@、A-setA、レバーカレーの4種。
…あれ?前回と全く一緒?

まぁいいか。
そんじゃ前回気になったA-set@でいくかな。
辛さはいつも通りちょい辛。


アッチャセット(1)
豆と納豆のカレー(900円)

おぉ、まんま納豆が乗っとる。


納豆とカレーの間が豆。
豆々ですな。
ボクにしてはえらいヘルシーな選択。

前回も書いたがやはり喰いやすくなってますココのカレー。
んでもって納豆。
合うね。
普通の納豆が入ってるだけなんですけどね。
さっさか喰えます。
ウマイ。

ただ納豆が入った分、マイルドになってしまうので
もう一段上の辛さで良かったかも。
ってかA-set@の辛さ表示が唐辛子1本だったせいかもな。
(唐辛子表示は1〜4本まである)
まぁどっちにしても喰ってる最中に辛さ調整してもらえるのでなんとでもなるんだけどね。
 

今回は急だったから断念したけど
次回こそチーズほうれんそうかエビだな。
 

2006年6月7日更新



再喰◇

某氏から『新メニュー増えてたよ〜』とのメール。
そんじゃ久しぶりに行きますか。

あ、1年弱ぶりかぁ…。
結構ご無沙汰だったんだな。

新メニューは2種類。
特に気になっていたほうは残念ながらやってなかった。
そんなわけでやってるほうを注文。


コフタカレー(1200円)
コフタってのは肉団子のことだそうです。


コフタ以外の具は皮付きのジャガイモ、大根。
あとなんだっけな?キャベツ、ニンジンとかだっけ?
とにかく小さめに切られた数種類の野菜がゴロゴロ入ってます。
ジャガイモが皮付きだったのは多分今回が初めてだな。


思ったよりも大きいコフタ。
こりゃ一口でいくのはキビシイか
と、スプーンで切ろうとしたのだが…
切れん!
エライしっかりしてるんですけど?

更に力を込めてなんとか分断する。

おぉ、こりゃいいな。
味付けそのものはあっさりだが
なかなかスパイシーでおいしい。
 

そうそう、今回のカレーですが
なんとなく昔の感じに戻ってたような気がします。
“戻った”のかコフタカレーそのものがこういう味なのかはわかりませんけど
とにかくアッチャ行きはじめた頃に喰った
味気ない感じでスパイシー
…アレです。
このタイプもたまに喰うといいな。
 

さて、もう一つの新メニューですが
こちらは材料の豆をインドから取り寄せているらしのですが
今現在インドは深刻な豆不足で
入手が困難になってるそうです。

いつ喰えるんだろ…?
 

2007年4月6日更新



再喰◇

………。

イケナイイケナイ…。
ニコニコしてはイケナイ。
『どうも〜』と言ってはイケナイ。
『お久しぶりです〜』と言ってはイケナイ。
今日自分は初めてこのお店に来たのだ。
そう、初めてなのだよ!!

お店の少し手前で深呼吸。
「…よし!」

ガラガラガラ…

『イラッシャイマセ〜……!?』

扉を開けた途端
ジョイさん(店主)と目が合う。
『イラッシャイマセ〜』
は普通の笑顔で言ってたのだが
『……!?』
で、目がまん丸になる。
“驚き”の表情をしていた。

『ドゥオォモ〜〜オ久シブリデス〜♪』

え〜っと、約二年半ぶりですか、アッチャに来るのは。
時間がやや遅かったせいか
厨房ではなくカウンター席に座っていたジョイさん
自分が立っている入口のトコまで来て
満面の笑みで迎え入れてくださいましたよ〜。
うむぅ、ホントに記憶力いいのねぇ…。
改めて驚いちゃったわ。


本日のラインナップ。

右下のは…なんだろう?

それはともかく
書いてませんがレバーカレーもあったそうです。
でも早々に売り切れたとか。
なんでも人気メニューになってるらしいですよレバーカレー。
次いで人気なのがマトンカレー。
マトンカレーは現在骨付き肉で提供しているそうです。
うわぁっ、喰いてぇなぁ!
でもこの日は無かったようです。残念。

コフタも人気があるらしく
定番メニュー化してる模様。

そして1つ前の回で気になっていたカレー
その名も…

【東インド空軍カレー】

いや〜名前からして気になるじゃないですかぁ。
ホントは今回、これやってないかな〜と期待していたのですが
残念ながらやってませんでした。
しかし実はちょっと前にやったらしい。
しかも年に2〜3回ぐらいしかやらないレアメニューだとか。
う〜んもうちょっと早く来てれば喰えてたかも…。

そんなわけでこの日は
自分が初めて行ったときに喰った
チキンカレーにする。

『辛サハ…チョイ辛デ良カッタデシタカ?』

うわぉ、そうですそうです♪
ホント覚えてんだなぁ。


ちょい辛ドレッシングのかかったミニサラダ。
あぁ、懐かしいねぇ。
 

『スイマセン…』

調理を始めていたジョイさんが
突然聞いてきた。

あ〜どうしよう?
え〜っとそうだなぁ。

私の本名は“サイトウ”です。
とりあえず便宜上そうしましょう。

しかしジョイさんは最初に聞き間違えたのか
私のことを“サイジョウ”と記憶しています。
その後“サイジョウ”と言われ続けていましたが
あえて修正せずに現在に至ってます。
なのでアッチャでは“サイジョウ”さんです。
以上仮設定説明終わり。

んで

『スイマセン、オ名前…“サイゴウ”サンデシタッケ?』

うわぁぁっ、惜しい!!

さすがに二年半ぶりだものなぁ。
名前までは覚えてなかったか〜。
でもなんとなくは覚えてるんだから
やっぱ記憶力良いんだよな。

『惜しい!サイトウです』

『ア〜!!“サイジョウ”サン♪』
 
 

え〜っと…

なまじ記憶力が良いというのも考えモノなのだろうか?
 
 

うん、勿論そのままにしましたよ。
なのでアッチャではこれからも“サイジョウ”さん(仮名)です。
 
 


チキンカレー(900円)

久しぶりだったのでご飯は普通盛り。
しかし…以前より量増えてないか?

『ソウデスカ?ソウデモナイデスヨ〜』

とジョイさん。
確かにいま写真見比べるとあんま変わりないっぽい。
でも多く見えたな。

早速喰ってみる。

う〜んそうね、そうね
こういう味だったねぇ〜♪

な〜んとも表現しにくい…
なんだろうね?
いや、でもこの味なんだよな〜。

うまいとかまずいとかではない
「ホッ」とする味…かなぁ?
いや、でもウマイんだけども。

ただ辛さはチョイ辛のハズが
以前よりだいぶ控えめだった気が。

しかし…早くも汗が…。
辛くないのに…。

しかも時期的なせいなのか
スパイスも主張してこない感じ?
ガーッと来ないんだけど…
しっかりカラダは反応してます。
(多分暑い時期だともっとダイレクトにスパイスが来る…のかな?)

控えめっぽいけど
しっかりカラダは反応。
うむ〜、アッチャだねぇ。

そして困ったことに
最初多いかな?と思っていたご飯。
この控えめ風なカレーだと
全然喰えてしまいそうですよ……。

『辛サハドウデスカ?』

うむ、ナイスタイミング。

『いや〜もっと辛くてもいけますねぇ。ってもう汗かいてますけど…
あ、ご飯…お願いできますか?』

結局お約束の大盛り分増量発注。

『ソレジャァ辛サモ足シマスネ〜』

数分後、ご飯と追加の辛さ(スープ)を入れてもらう。

あ〜やっぱちょい辛だな。
コッチの方がウマイし
自分の中のアッチャのイメージだ〜♪

『デモアンマリ辛イノハダメデスヨ。味ワカンナクナッチャウカラ。
トウガラシイッパイ入レルノトカ…アレハダメ!』

そういやぁジョイさんは辛いカレーに否定的だったなぁ。

その後も諸々なお話をしつつ
追加した辛さで更に汗を流しつつ完喰。

うぃ〜やっぱウメェなぁ。
ホントなんて表現して良いのかわからんのだけど
サラサラでアッサリしていて
スパイスの効き方は
一般的なインドカレーと別の方向に向いていて
か〜っらいインドカレーよりも汗が出まくる。

いや〜もうアッチャのカレーだわ〜♪


んで、食後のお約束
ず〜っと撮りそこねてたチャイ。

あぁ、そうだそうだ、クラッカーだ〜♪

ココのチャイはショウガ(?)がかなり入っていてピリリッとする。
その他いろいろな香辛料が入っているっぽいのだが
当然わかりませんですよ、ハイ。
(飲み終わったカップの底にいろんな粒が残ってるんだよね〜)

他のお店のチャイとはだいぶ雰囲気が違うが
程よい甘さとスパイシー感が好きですね。
飲みやすいです。
 

その後もお話は続く。

『前ニ来テイタダイタノハ…安部サン?福田サン?
麻生サンノ頃デハナイデスヨネ?』
『え〜っと、二年前ぐらいだから安部さんか福田さん辺りかなぁ?』
『ア〜ソ〜』
『………。』
ジョイさん、日本のオヤジだぁ〜。

んで、いろいろ話しているウチに
最初に自分がこのお店に来たのは
どうもオープンしてからそれほど経っていない頃だったことが判明。
まぁアサノ行き始めたちょい後ぐらいだしなぁ。
なんだかんだで結構前だよな。

ってかそもそもなんでアッチャ行ったんだっけ?
アサノで聞いたんだっけか?
それとも某氏が見つけてきたんだっけ?

まぁそれはおいといて
この日は時間も遅かったせいか
先客は1名。
そのお客さんが帰った後
『景気はどうですか〜?』
と聞いてみる。
『イヤ〜ムズカシイデスネェ。タイヘンデスヨ。
デモ常連サン来テクダサルンデ
ナントカヤッテケル感ジデス〜』
『…あぁ、すいません…二年半ぶりでスイマセン…』
『イエイエ、来テクダサッテ嬉シイデスヨ!』

若干の自己嫌悪に浸っていると

『ア〜ソウソウ!!』
(まだ引っぱってるのかな…?)


奧に引っ込んだジョイさんが

『誰ニデモアゲテルワケデハナインデスヨ〜。
“サイジョウ”(偽名)サンダカラ渡スンデスヨ〜』

と言うことで常連さんでもないのに
いただいてしまった卓上カレンダー。
うぅ…恐縮です…。

そんなわけでアッチャは今年8周年だったそうです。
これからもがんばって…
って、まだシメじゃないよもう少しあったんだ。

お客さん1名来店。
『レバーカレーあります?』
うむ〜やっぱ人気なんですねぇレバー。

んで、このお客さんは
本物の常連さんのようでした。

んじゃまぁ自分はこの辺で…と思ったのだが
ナゼか3人で歓談してたな。
(モチロンそのお客さんとは初対面)

そうなんだぁ。
アッチャってこういのがあるんですよね〜。
不思議なお店だよな。

しかしまぁまだ用事があったのでこの辺で…。

『ドウモアリガトウゴザイマス〜
マタヨロシクオネガイシマス〜♪』

と、手を差し出される。
この日3回目のシェイクハンドシェイクハンド。
その手の中には当然アメ玉が。
 

と言うわけで久しぶりにアッチャを堪能。
『次は二年半以内に来ます!』
と言う微妙な宣言をしてお店を後にしたのでした〜。

とりあえず年明けたら
また行きますかね〜。
 

2009年12月9日更新



再喰◇

前回の発言があったので早め(?)の再喰。

い、いや別に他のお店行ったら

“暫くお休みさせていただきます”

な〜って貼り紙は無かったんだからな!!
 
 

うむ〜、相変わらずのヒキだこと…。
 

でもまぁアッチャにはボチボチ行きたい気がしていたからちょうど良いのさ!
縁だよ縁。

そんなわけでアッチャへ。

時間が微妙だったので
『まだ大丈夫ですか〜?』
と、そーっと扉を開ける。

ありゃ、ジョイさんお客さん(♀)と歓談中だよ。
カウンターに座って。
お邪魔だったかしらん?

『ド〜モド〜モ♪ダイジョブデスヨ〜♪』

相変わらずの笑顔で出迎えてくれましたよ。

早速この日のランチの説明。

ほうれん草のナントカ(忘れた。品切れ)
それとコフタ。

おぉ、コフタか。
じゃぁ久しぶりにコフタに…

と言いかけたところで

『アトカレイノカレーデスネ』
『……かれい!?』
『…ノ、カレー♪』
 


カレイのカレー(1200円)

したらまぁ頼むわなぁ喰ったことないし。

『ハ〜イオマチドウサマ。カレイノカレーデ〜ス逃ゲラレナイヨウニ気ヲツケテクダサ〜イ♪』

そ、それが言いたかっただけなんじゃなかろうか?
とか思ってしまう名前のメニューであったが
結構人気のメニューらしい。
魚系では一番とかナントカ。


辛さはいつもなら
『え〜っと…じゃぁ辛目で』
ぐらいな感じで頼むのだが
今回はビシッと辛いのが喰いたい気分だったので
『辛目で』
と迷わず言ってみた。
 

…あぁ、キッチリ最初から辛れぇーわ!
 

カレイの上に乗っかってる白っぽいの。
トウガラシです。
こんなんが判別できるだけでも3本は入ってたな。

う〜ん辛いのも良いけど
やっぱちょい辛ぐらいが自分にはちょうど良さそうですわ。

『辛サドウデスカ〜?』

例によって聞いてくれるジョイさん。
…いやもう序盤から汗でてるから。

んで、いつも通り近況とか世間話とか。

なぜか先程まで歓談していたお客さん(♀)に
常連さんとして自分を紹介するジョイさん。

…や、ヤメてくださいよホントに!!
ホントの常連さんよりは全然来てないんすから〜。

『マァコノ間ハ2年半ブリデシタケドネ』

……いや、そこは覚えてなくて良いトコだから…。

と言うわけでそのお客さんに自分は常連じゃないと………
あれ?
この方、見たことあるような?
うぅ…よっぽど常連さんなんじゃねぇのかぁっ!?

そんなこんながありつつ
しっかり某氏のコトも話にでてきたので
『近いうち来ると思いますよ〜』
と言っちゃったので
ちゃんと行ってくださいよ〜。
 

2010年4月29日更新


再喰

たまってた分まとめて行きます。
まずは2011年10月分。



SPチキンカレー(1500円)

スペシャルってことで
チキンごろ〜んです。
つかジャガイモも大根もごろろ〜んですな。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

続いて2012年9月のオハナシ…
(以下、当時書きかけてた文)


うぃ〜…
9月も半ばを過ぎたが
まだまだあっち〜ですよ。
まいっちゃいますな。
暑かろうが喰欲落ちない自分ですが
さすがにちょっと……

うん?そうでもないか?

でもなんだかそろそろアッチャのカレーが喰いたくなってきたぞ、と。

うむ、やはり疲れてきてはいるんだな。
疲れてくるとアッチャのカレー喰いたくなるものなぁ。
そんなわけで久しぶりのアッチャへ。
俺様を癒してくれ
アッチャ!



ガッデム!!

いやいやいや
ガッデムはねぇだろ己のヒキの良さ(?)を棚に上げて。

いや〜それにしても例によって今年もちょいちょいこういう展開が…ねぇ。
相変わらずヒキ良い(?)よなぁ自分。

なんてコトがありまして行った翌月。




骨付きマトンカレー(1500円?)

メモが見あたらないため正確な値段は不明ですが
恐らく1500円かと。



骨付きマトンカレーとは珍しい。
うまかったです。
髄もチュルンですよ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2013年8月






キーマカレー(1200円)

こんだけシャバシャバだとキーマカレーっぽく見えませんね。
喰った感じもキーマっぽくなかったですよ。
いつものアッチャのカレーでした。



チャイ(400円)

ホッとする一杯。
(初めての時はビックリしたけども)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2014年4月分



魚カレー(1200円)

イナダのカレー。

イナダが入ってるカレーなんて
なかなか喰えないっすよねぇ?

うまかったです。


以上、中途半端にアップしちゃって分を修正しつつ
追加分もアップしました。
年末あたりにまた行くかな〜?


2014年10月21日アップ

再喰

少なくとも一年に一回は行っておかないとな〜
と、思っていたのですが、去年は結局行きそびれてしまい
2014年4月以来になってしまったアッチャ。

そ〜っとドアを開け…

…すいませ〜ん、お久しぶりで〜す…。

「オォ!イラッシャイマセ!オヒサシブリデスネ!!」

目を見開いた後、ニッコリ迎えてくれるジョイさん。

お久しぶり的会話が一段落したところで注文。
この日は久しぶりってコトでSPチキンかな〜と思ってたんですがすでに終了。
あるのはBセット、サバカレー、イワシカレー…
イワシのカレーって珍しいよなぁ?
ってことでイワシカレーにする。


その後先客さんとのトークに戻るジョイさん。
和やかだ〜。
常連さんっぽいねぇ。



…あ、いや違うな。
初めての人だわきっと。
聞こえてくる話の内容的に。

てことで相変わらずのジョイさん
相変わらずのアッチャ
当然そちらの会話に巻き込まれますよ〜♪



「モウ一度確認シマスヨ。サバジャナイデスネ〜?」

サバじゃねぇー!!
と、条件反射しそうになったが堪える。

イワシでぇ〜す。



イワシカレー(1200円)



なかなかの存在感を見せつけるイワシ。

弱い魚で鰯…。

カレーに入っててもイワシはしっかり鰯でした。
強いな鰯。


辛さは辛めにしてもらったんですが
(ジョイさん言うところの日本人ビックリぐらい?)
特に辛くはありませんでした。
が、例によって身体は反応。
汗出る〜。
クーラー効いてたので暑くはないんですよ。
身体が反応しちゃってます。

つか辛くはないんだけども
下唇がビミョウにヒリヒリし始めてきてる?
あ〜やっぱそれなりに辛み成分(?)は入ってるってことか〜。


カレーで汗かいた後に
〆のあつ〜いチャイ。
また汗かくかと思うでしょうけども
なぜか落ち着いてくるんすよね〜。


にしても、また喰いやすくなってる気がするねぇアッチャのカレー。
素直においしいんだけども
こ〜なってくると初期の頃のあまり塩気感じないカレーも久しぶりに喰ってみたい気が…。

でもジョイさん的には塩気増やしてる意識はない模様?

自分がこの味に慣れたってことか?
わからんです…。


まぁとにかく今回もうまかったですよ、と。
次回はいよいよインド人もビックリな辛さでお願いしてみますかね〜。


2016年9月13日アップ


  戻る


  喰撮トップへ



アクセス解析 SEO/SEO対策